Apple Watchと言えばなんとなく女性らしくなくてゴツゴツした感じなのですが、ベルトを赤に変えたことで少しイメージが変わりました。

このように、ほんの少しカバーを変えたり小物をつけたりすると自分らしくなるところが女性としてはとてもワクワクしますよね。

Applewatchのベルトでおしゃれを楽しむ

特にウォッチが出た当初はあまりたくさんの品数が揃っておらず、なんとなくみんな同じ時計をしてる感じでした。

ですが、今では、ネットでググってみると結構たくさんの種類が出ており、また値段も2,000円前後とリーズナブルです。

今までの時計のベルトといえば、古くなった時しか変えていませんでした。

これは、

  • 時計のベルトを簡単に取り外しができないので時計屋さんにで変えてもらう。
  • その時計屋さんの在庫しか選べなかったので、気に入った物がなかなか見つからない。

という、マイナス要因でした。

しかし、Applewatchの場合は、自分で簡単に取り外しができるので、その時の気分で変えてみるのもいいかもしれませんね。

昭和の香り漂う着せ替え人形と同じ

で、なぜこういった着せ替え的な感覚が女性が好きなのかを考えていると、思い浮かんだのが昔ノ雑誌やノートの付録に付いていた紙の着せ替え人形です。

そこだけが厚紙でできており、洋服の肩にのりしろのようにおりまげる部分が付いていて、それを付けたり外したりして、着せ替えを楽しんでいた幼少期を思い出したのです。

こちら懐かしい紙の着せ替え人形の画像です。昭和の香りが、、、、(^_^;)

そういえば、あの頃はこの付録が楽しみだったことを覚えていますし、空き箱に紙人形とともに大事に閉まっていた記憶があります。

そんなことすっかり忘れていたのですが、watchのベルトを取り替える楽しさは多分こんなところから来ているんだなぁと、懐かしく思いました。(まっ、古いなぁ〜〜)

クリスマス仕様のベルト発見

そして、またググっていると、クリスマス風のベルトをアマゾンで発見です!!

おもわずポチしてしまいました。笑

早く来ないかなぁ〜
私のちょっとしたクリスマスを楽しみたいと思います。

こちらは買ってよかった今年の商品にApplewatchが滑り込みました!ブログを参考にしてください

この記事を書いた人

michann

読書が好きで、本が速く読める(フォトリーダ)技術を持っていながらも、年齢と共に活字を読むことに煩わしさを感じ、現在は耳読に夢中です。



仕事は、花つくりを中心とした農業をしています。
お花に関する知識

・造園施工管理技士2級
・小原流 家元教授
・グリーンアドバイザー
・ハンキングバスケット・マスター

・食品衛生管理者

を持っています。



独身時代は、海外添乗の経験があり総合旅程管理主任者を取得し、今は趣味として旅を続けながら人生を謳歌中です。
また、

最近始めたゴルフは、100のスコアーを切るべく苦戦しながら楽しんでいます。



また、自分の強みであるコミュニケーション能力と社交性、個別化を生かし数年前より 社)コーチングプラットフォーム認定コーチとなり、コーチングで”自分らしくしなやかに生きる”を実践中です!



そんな私のブログですが、ちょっと覗いてみてくださいね。


みっチューブでは、赤飯動画がバズり7万再生回数を突破!

簡単に、炊飯器で炊けるできる赤飯動画も見てね!


詳しいプロフィールはこちらから