ブログを書くことを始めてから既に7年が過ぎようとしています。まぁ、時折、書いているだけなんでさほど自慢できる内容ではありませんが、今日は書く時間について少し考えてみました。

物事は、今、無数の点のように産まれています。では、その物事について、深く考察したりしたことはあるでしょうか?

私にとって、書く時間は今と未来を繋ぐ架け橋のような感覚なんだと思います。

例えば、朝起きてやるべきことをやって後はのんびりゆっくりダラダラしている日もあるでしょう。
反対に、毎日同じような繰り返しで、起きたら満員電車に乗って職場へ、仕事が終わった頃には精魂尽き果てて家に寝に帰る生活。

かくいう私も子育て時代はそんな感じでした。

仕事と子育てをすることで頭の中がいっぱいで、将来の願いといえば、子供たちには無難に就職出来る学歴だけはつけてほしいと考えていました。そのためにいろいろなお稽古事や塾などにもいかせたりしていました。

このように子供のために塾やお稽古ごとという出来事を点で捉えるとしたら、現在の子供にとって役に立っているのかもしれません。

ですが、これは子供たちの未来であって、自分の未来ではなかったのです。

未来は今の延長線上(当たり前のことなんだけれども)にあると考えてください。

すると、取る行動のすべてが変わってくるのではないかと考えています。

例えば、犬の散歩を朝夕毎日していますがこれは犬の健康と、自分の健康を一石二鳥で併用できます。

働く事は、適度に身体を動かしたり考えたりすることで、健康的に生きられますし生活の基盤も整ってくることでしょう。

反対に、何も考えずに行動をとっているとそれが意味のあることなのかそうでないのかが判断できないので、結果的に未来に何の変化ももたらさない、敷いてはマイナスになる事さえあるのです。

とはいえ、人は忘れる生き物ですから、この出来事である無数の点を未来につなげていくために、せめて書く時間だけはそんなことを思い巡らしながら自分と向き合ってみたいと思います。

この記事を書いた人

michann

読書が好きで、本が速く読める(フォトリーダ)技術を持っていながらも、年齢と共に活字を読むことに煩わしさを感じ、現在は耳読に夢中です。



仕事は、花つくりを中心とした農業をしています。
お花に関する知識

・造園施工管理技士2級
・小原流 家元教授
・グリーンアドバイザー
・ハンキングバスケット・マスター

・食品衛生管理者

を持っています。



独身時代は、海外添乗の経験があり総合旅程管理主任者を取得し、今は趣味として旅を続けながら人生を謳歌中です。
また、

最近始めたゴルフは、100のスコアーを切るべく苦戦しながら楽しんでいます。



また、自分の強みであるコミュニケーション能力と社交性、個別化を生かし数年前より 社)コーチングプラットフォーム認定コーチとなり、コーチングで”自分らしくしなやかに生きる”を実践中です!



そんな私のブログですが、ちょっと覗いてみてくださいね。


みっチューブでは、赤飯動画がバズり7万再生回数を突破!

簡単に、炊飯器で炊けるできる赤飯動画も見てね!


詳しいプロフィールはこちらから