IMG_2035 2
最近たくさんの本をザーーと読めるようになっても、ブログを書くことができない。

多分、本の概要はわかるが、自分の見方考え方が腑に落ちていないからだと思います。

逆に、あっ!そうか〜このこと何処かで書いてあったな〜と本を探してみると、より深く体得でき、ブログもサラサラ書けてしまうから面白いですね。

要するに、インプットとアウトプットの量が上手く取れていないと、なかなか上手くいかない訳です。

だからと言って、本を1冊読んだだけでは、なかなかアウトプットするのは難しい。

何故なら、本は著者の言葉で書いているからです。

ですから、引用は出来ても、自分の言葉に変換する作業が本当に難しいんだと思います。

本から学ぶには本を閉じる

才能を伸ばすシンプルな本   ダニエル・コイル著

私の好きな言葉でもあります。

本をたくさん読むということは、往々にして受け身の姿勢で読んでしまいがちになります。

そうすると、知ってるとか、いい言葉やね〜で終わってしまい、単に活字を追っている読書になりがちです。

一方、書いたり、話したり、思考を深めたりすることは、たくさんの本を読むことよりも重要で、自分のさらなる成長に拍車をかけます。

読むことについつい気をとられがちな私にとって、戒めの言葉でもありますね。

先日のブログ勉強会で、ブログが書けないには2つの意味があると教わりました。

書けない

  1. 良い文章をかきたいけど書かれへん
  2. 書かれへん

に分かれる。

良い文章を、と考えすぎりるより、それよりは、受けての人の価値感に任せて発信する方がいいと。

書かないと価値は生まれない

昨日、投稿を中途半端にしていた記事ですが、皆さんの何かのお役に立てたら幸いです。

この記事を書いた人

michann

読書が好きで、本が速く読める(フォトリーダ)技術を持っていながらも、年齢と共に活字を読むことに煩わしさを感じ、現在は耳読に夢中です。



仕事は、花つくりを中心とした農業をしています。
お花に関する知識

・造園施工管理技士2級
・小原流 家元教授
・グリーンアドバイザー
・ハンキングバスケット・マスター

・食品衛生管理者

を持っています。



独身時代は、海外添乗の経験があり総合旅程管理主任者を取得し、今は趣味として旅を続けながら人生を謳歌中です。
また、

最近始めたゴルフは、100のスコアーを切るべく苦戦しながら楽しんでいます。



また、自分の強みであるコミュニケーション能力と社交性、個別化を生かし数年前より 社)コーチングプラットフォーム認定コーチとなり、コーチングで”自分らしくしなやかに生きる”を実践中です!



そんな私のブログですが、ちょっと覗いてみてくださいね。


みっチューブでは、赤飯動画がバズり7万再生回数を突破!

簡単に、炊飯器で炊けるできる赤飯動画も見てね!


詳しいプロフィールはこちらから