しあわせ満ちる ♪

幸せの青い鳥をあなたに

本から学ぶには本を閉じる

IMG_2035 2
最近たくさんの本をザーーと読めるようになっても、ブログを書くことができない。

多分、本の概要はわかるが、自分の見方考え方が腑に落ちていないからだと思います。

逆に、あっ!そうか〜このこと何処かで書いてあったな〜と本を探してみると、より深く体得でき、ブログもサラサラ書けてしまうから面白いですね。

要するに、インプットとアウトプットの量が上手く取れていないと、なかなか上手くいかない訳です。

だからと言って、本を1冊読んだだけでは、なかなかアウトプットするのは難しい。

何故なら、本は著者の言葉で書いているからです。

ですから、引用は出来ても、自分の言葉に変換する作業が本当に難しいんだと思います。

本から学ぶには本を閉じる

才能を伸ばすシンプルな本   ダニエル・コイル著

私の好きな言葉でもあります。

本をたくさん読むということは、往々にして受け身の姿勢で読んでしまいがちになります。

そうすると、知ってるとか、いい言葉やね〜で終わってしまい、単に活字を追っている読書になりがちです。

一方、書いたり、話したり、思考を深めたりすることは、たくさんの本を読むことよりも重要で、自分のさらなる成長に拍車をかけます。

読むことについつい気をとられがちな私にとって、戒めの言葉でもありますね。

先日のブログ勉強会で、ブログが書けないには2つの意味があると教わりました。

書けない

  1. 良い文章をかきたいけど書かれへん
  2. 書かれへん

に分かれる。

良い文章を、と考えすぎりるより、それよりは、受けての人の価値感に任せて発信する方がいいと。

書かないと価値は生まれない

昨日、投稿を中途半端にしていた記事ですが、皆さんの何かのお役に立てたら幸いです。

みっちゃん紹介

michann
家族 主人、子供3人
仕事 農業 花と野菜

特異な事

ホトリーダ(本が早く読めます)
親指シフトユーザー(仮免 )
生花講師(ペーパードライバー)
英語(出来ないけど、会話を根性でできます)
株(億ション目指してがんばりま〜す!ヘックッション)

美を追求してすっかり迷宮入り、たまるものはレシートと脂肪。早く脂肪届け役場に渡さないと雪だるまになりそうです。

詳しいプロフィールはこちらから

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top