来年のスケジュール帳をそろそろ用意しないと、、、と考えていました。
スケジュール帳は一年持つものですから、あれこれあと悩んでしまいますよね。

今日は、失敗しない手帳選びです。

来年もこちらの手帳に決定です

しかし、私の場合はこちらのA5カバーが気に入っておりここに入るノートに限定されますが、お気に入りの手帳を持つことはモチベーションアップにもなりますよね。
そして、紙質も大事になってきます。
ツルツルだと書きにくいし、かといってペラペラすぎると安物っぽく感じますよね。

今日は、あれこれ悩みましたが、今年もこちらのスケジュール帳に決定です!

ほぼ日手帳A5 サイズのカズンです

昨年も使っていましたが、今回は半年の分割版にして見ました。

過去の自分の好みを振り返る

やはり、私には馴染みのある紙質が重要みたいです。
このように、私たちは気に入ったものというものがそれぞれにあり、それは人によってまちまちです。

なので、これがいい!などは個人差があるのですが、では、どうやったら自分の好きなものが見つかるか?ということですよね。

多分、いろいろ検索すればたくさんの手帳やその使い方などが紹介されていますが、始めてみれば続かない、買ったけど使い方がイマイチ!など、よくある話です。

一番うまく見つけられる方法は、過去において、どのようなものが一番好きで続けられたかを振り返って見て自分の好みを知るのが手っ取り早い方法かもしれません。

例えば、私の場合は、このルイビトンの手帳カバーが気に入って5年以上使い続けています。

なので、このサイズから手帳を変えようとは思いませんし、スケジュールを統括しているのは、携帯なので、どちらかというとこちらは日にち毎のメモの方が重要になってきます。

例えば、支出で大きな金額を出費したり、半年に一回ぐらいの費用を忘れず記載しておくと、よく年にはどれだけ必要になるかが一目瞭然です。
また、本などから学んだワンポイントを書いたり、料理の作り方などもメモしてあります。

どちらかというと、私にとって、スケジュール帳というより毎日のメモ機能に近い感じです。

年の瀬に考えておくべきこと

このように、過去の自分の好みを振り返ることで、次にどのようなものを選択すればいいのかが見えてくるようです。

新しい年に向けて、いろいろ準備をしていかなくてはいけない月になりましたね、

掃除だけでなく、自分の思考がどのようなものかを考えると、自分の好みがわかり、それが、自分の軸になってきているようです。

是非皆さんも、何が好きで、何が嫌いか?を過去から紐解いて見てくださいね。きっと面白い発見がありますよ。

 

この記事を書いた人

michann

michann

家族 主人、子供3人
仕事 農業 花と野菜

特異な事

ホトリーダ(本が早く読めます)
親指シフトユーザー(仮免 )
生花講師(ペーパードライバー)
英語(出来ないけど、会話を根性でできます)
株(億ション目指してがんばりま〜す!ヘックッション)

美を追求してすっかり迷宮入り、たまるものはレシートと脂肪。早く脂肪届け役場に渡さないと雪だるまになりそうです。

詳しいプロフィールはこちらから