今まで、あまりダイエットなんて気にしていなかったのですが、いえ、直ぐに挫折する私なんです。
が今回は、あの映画を見て以来、甘いものを全く食べなくなってしまいました。

とはいえ、調味料として使用する砂糖については、それをなくすとなると、ケチャップもソースも、使えなくなりますし、すき焼きやおでん、肉じゃがにはやはり砂糖は多少は必要でしょう。

とにかく、今していることは、食事は普段どうり外食を避け、自宅でシンプルな食事を心がけています。

まだ日にちが浅いためか、特に体重の変化は大きく変わりませんが、いつもならちょっと手が出るお菓子類や菓子パン、ココアなどは全く手をつけなくなりました。

これは、私にしたら本当に珍しいのですが、これも、映画『あまくない砂糖の話』の視覚からの効果があったのではないかと思っています。
ブログと映画はこちらからです。

では、以前のダイエットではちょっとだけと言いつつ甘いものを束ていましたが今回は全く口につけていないので、なぜそのような変化をもたらしたのか?考えて見ました。

映画から学んだ3つのこと

  • 2週間したら必ず結果(効果)が出ると確信したから
  • 期間が短いので、ゴールが明確である
  • 甘いものマリファナ的効果はあると確信したから

映画では、2週間で3キロ太ったそうです。私の場合は、完全に砂糖を抜いているわけではありませんので、そこまではいかないとしても2週間後にはずくなからずとも結果が出るのではないかと、確信しています。

今まで、痩せるまで!と思ってダイエットを試みたことはあったのですが、とりあえず、2週間という短期間のゴールが良かったのではないかと思っています。

しかも、体重計を買ったので、いつから始めてどのような推移で痩せていくかが可視化できてしまいます。
こちらが、体重計のブログです。

そして、砂糖を常習性が強い砂糖は、一旦舌で味わうと即座に脳に指令がいき、もっと、もっと食べたい!!と思うということを視覚から体感したのです。

麻薬は、使用すると犯罪になりますし、一般的には手に入らないものですよね。

しかし、砂糖は、どのにでも売っていますし、安価で手にいれることができます。そして、8割以上の食品に姿を変えて入っています。

砂糖は摂取すると体に悪影響を及ぼすとは、そこまで認知されていないため、いつでも、どこでも、誰でも手に入れられることができるです。

なので、しばらくの間は絶対に食べない!と決め、甘いものを見ても欲しいという欲求がストレートに出ないように取らないことを目指しています。

2週間後のレポートが、楽しみです^ ^

この記事を書いた人

michann

michann

家族 主人、子供3人
仕事 農業 花と野菜

特異な事

ホトリーダ(本が早く読めます)
親指シフトユーザー(仮免 )
生花講師(ペーパードライバー)
英語(出来ないけど、会話を根性でできます)
株(億ション目指してがんばりま〜す!ヘックッション)

美を追求してすっかり迷宮入り、たまるものはレシートと脂肪。早く脂肪届け役場に渡さないと雪だるまになりそうです。

詳しいプロフィールはこちらから