毎朝ベッドメイキングをすると、ストレスに強くなる

という文面がフェイスブック上に流れてきました。

The New York Times からの切り抜き投稿なんですが、これはどう言うことかというと、
「ベッドメイキングは小さな自尊心となる。1つのタスクを達成したら、次々にタスクを達成できる」と言うことが書いてありました。

いつもの毎日の始まりは

いつも朝起きると、まずは、トイレ→洗面→身支度→キッチンの片付け→昼食のお弁当準備→朝食準備とけたたましく朝の時間が流れていくのです。

起きた瞬間から、子供を送り出して、ほんの一息つくのは朝食時だけ。

しかも、その朝食時だって、頭は今日の仕事の準備でフル回転です。



本当にホッと一息つく時間帯は、お昼を回っているありさま。

さぁ、チャレンジです

そこで、この投稿が流れてから、毎日朝起きたらすぐにベッドメイキングを行うようにしてみました。

小さなタスクが朝一番に必ず、そして、気持ちよく成功できる方法としては、なるほど!とピンチくるものがあったからです。

実際やってみたところ、このタスクはめっちゃ簡単です。

今まで、多少のベットメイキングをしていたのですが、けたたましく起きる日もあり、掃除をしに入ったらかなり布団が乱れている日も確かにありました。

ベットメイキングする時としない時との時間差は、30秒にもなりません。

小さなことでも自尊心は育まれる

しかし、きっちりと整えたシーツを見ているだけで気持ちも整いスッキリした気分になります。

さらに、朝一番に自分の決めたことができると、こんな小さなことでも達成感が生まれます。

そして、最後に「今日も頑張るぞ!」と呪文を唱え、寝室を後にします。



そして、いつものルーティンワークが始まるのです。

これ、本当に効果的です!是非、お試しくださいね。

この記事を書いた人

michann

読書が好きで、本が速く読める(フォトリーダ)技術を持っていながらも、年齢と共に活字を読むことに煩わしさを感じ、現在は耳読に夢中です。



仕事は、花つくりを中心とした農業をしています。
お花に関する知識

・造園施工管理技士2級
・小原流 家元教授
・グリーンアドバイザー
・ハンキングバスケット・マスター

・食品衛生管理者

を持っています。



独身時代は、海外添乗の経験があり総合旅程管理主任者を取得し、今は趣味として旅を続けながら人生を謳歌中です。
また、

最近始めたゴルフは、100のスコアーを切るべく苦戦しながら楽しんでいます。



また、自分の強みであるコミュニケーション能力と社交性、個別化を生かし数年前より 社)コーチングプラットフォーム認定コーチとなり、コーチングで”自分らしくしなやかに生きる”を実践中です!



そんな私のブログですが、ちょっと覗いてみてくださいね。


みっチューブでは、赤飯動画がバズり7万再生回数を突破!

簡単に、炊飯器で炊けるできる赤飯動画も見てね!


詳しいプロフィールはこちらから