IMG_0721

ちょっとしたきっかけで、只今、なみのり工房さんが本を早く読む術”ホトリーディング”に興味を持っていただきました。

確かに、本当に本が早く読めるようになったら、人生何十倍もお得に生きられる事は間違いないだろう!
と今の今まで思っていたが…

ガ〜ン…

なみのり工房さんに本を紹介しようと思って、自分の本棚から本を手にとって読み始めたら、全く身に付いていない事を痛感しました。

で、再度読む事にしました。

本当に知っているのと、「わかる」は違うね〜

2008年に発刊された

脳が教える!1つの習慣  ロバート・マウラー著

ですが、え〜事が書いてあり過ぎて、この当時は咀嚼できなかったのか、はたまた、胸一杯でこれ以上むりだったのか…
要は、沢山の本を読んだ結果、結局は手を変え品を変え、どの本にも同じようなことが書いてあったのです。

じゃ〜この一冊だけ読めば十分なのか…

いや、違う!だって、みんなだって、王道の本があっても理解できなかったり、腑に落ちなかったりする事は多々あると思います。

例えると、小学生の子供に、この英文法は本当によくできているからと、高校生ぐらいが使う本を渡しても、ちっとも理解できないですし、会話から英語を学ぶのか、英作や、文法から英語を学ぶのかで、最終的には英語を学ぶにしてもアプローチが違えば途中経過の理解力は、全くの別物です。

ですから、早く読める事にこした事はないですが、これは、ただ、アプローチが違うだけで、身に付いていないと意味がないんだな〜と実感です。

この本に書かれている事を、一言で言うと

自分が変わりたいと思うことがあれば、その為に日々小さな一歩を実践する習慣こそが成功への鍵である

この一歩が始める力となり、毎日続けることで習慣化され、しまいには変わりたい自分、なりたい自分になっていくのです。

この小さな一歩を踏み出すには、勇気ではなく、出来るだけ行動を小さくすることがポイントです。

ですから、関西でいう今日のオチは、時間が来たので、早く寝ることにします。

だって、小さな一歩だから、あんまり張り切り過ぎたら投稿も続かないでしょう〜

おやすみなさ〜い!

この記事を書いた人

michann

読書が好きで、本が速く読める(フォトリーダ)技術を持っていながらも、年齢と共に活字を読むことに煩わしさを感じ、現在は耳読に夢中です。



仕事は、花つくりを中心とした農業をしています。
お花に関する知識

・造園施工管理技士2級
・小原流 家元教授
・グリーンアドバイザー
・ハンキングバスケット・マスター

・食品衛生管理者

を持っています。



独身時代は、海外添乗の経験があり総合旅程管理主任者を取得し、今は趣味として旅を続けながら人生を謳歌中です。
また、

最近始めたゴルフは、100のスコアーを切るべく苦戦しながら楽しんでいます。



また、自分の強みであるコミュニケーション能力と社交性、個別化を生かし数年前より 社)コーチングプラットフォーム認定コーチとなり、コーチングで”自分らしくしなやかに生きる”を実践中です!



そんな私のブログですが、ちょっと覗いてみてくださいね。


みっチューブでは、赤飯動画がバズり7万再生回数を突破!

簡単に、炊飯器で炊けるできる赤飯動画も見てね!


詳しいプロフィールはこちらから