しあわせ満ちる ♪

幸せの青い鳥をあなたに

小さな習慣、それは無理をしないこと

IMG_0721

ちょっとしたきっかけで、只今、なみのり工房さんが本を早く読む術”ホトリーディング”に興味を持っていただきました。

確かに、本当に本が早く読めるようになったら、人生何十倍もお得に生きられる事は間違いないだろう!
と今の今まで思っていたが…

ガ〜ン…

なみのり工房さんに本を紹介しようと思って、自分の本棚から本を手にとって読み始めたら、全く身に付いていない事を痛感しました。

で、再度読む事にしました。

本当に知っているのと、「わかる」は違うね〜

2008年に発刊された

脳が教える!1つの習慣  ロバート・マウラー著

ですが、え〜事が書いてあり過ぎて、この当時は咀嚼できなかったのか、はたまた、胸一杯でこれ以上むりだったのか…
要は、沢山の本を読んだ結果、結局は手を変え品を変え、どの本にも同じようなことが書いてあったのです。

じゃ〜この一冊だけ読めば十分なのか…

いや、違う!だって、みんなだって、王道の本があっても理解できなかったり、腑に落ちなかったりする事は多々あると思います。

例えると、小学生の子供に、この英文法は本当によくできているからと、高校生ぐらいが使う本を渡しても、ちっとも理解できないですし、会話から英語を学ぶのか、英作や、文法から英語を学ぶのかで、最終的には英語を学ぶにしてもアプローチが違えば途中経過の理解力は、全くの別物です。

ですから、早く読める事にこした事はないですが、これは、ただ、アプローチが違うだけで、身に付いていないと意味がないんだな〜と実感です。

この本に書かれている事を、一言で言うと

自分が変わりたいと思うことがあれば、その為に日々小さな一歩を実践する習慣こそが成功への鍵である

この一歩が始める力となり、毎日続けることで習慣化され、しまいには変わりたい自分、なりたい自分になっていくのです。

この小さな一歩を踏み出すには、勇気ではなく、出来るだけ行動を小さくすることがポイントです。

ですから、関西でいう今日のオチは、時間が来たので、早く寝ることにします。

だって、小さな一歩だから、あんまり張り切り過ぎたら投稿も続かないでしょう〜

おやすみなさ〜い!

みっちゃん紹介

michann
家族 主人、子供3人
仕事 農業 花と野菜

特異な事

ホトリーダ(本が早く読めます)
親指シフトユーザー(仮免 )
生花講師(ペーパードライバー)
英語(出来ないけど、会話を根性でできます)
株(億ション目指してがんばりま〜す!ヘックッション)

美を追求してすっかり迷宮入り、たまるものはレシートと脂肪。早く脂肪届け役場に渡さないと雪だるまになりそうです。

詳しいプロフィールはこちらから

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top