皆さんの中には、体力が十分にあり、健康な方も多いと思います。

しかし、健康だからこそ、つい無理をしてしまう、頑張ればなんとかなると思い、頑張ってしまうのです。そして、できてしまうから働き蜂のように、何も考えずに働くことに慣れていくんですね。

その結果、何が生まれるのでしょうか?

そんなことを、ふと考えた数日です。

ここ数日の偏頭痛

いよいよ6月に入り、初夏の兆しが色濃くなってきましたね。

まだ、体が慣れていないのか、仕事が終わる頃には、ここ数日、頭がどーんと痛くなって偏頭痛が起こり始めます。

日々の暑さと、水分補給不足のために起こるのか?とにかく、ぐったりとして何もする気が起こらないのです。

これは気分の問題ではなく、偏頭痛がするので何かしら問題があるのです。

朝は、快調で、睡眠も十分取れているので、原因は、ここ数日の暑さに自分の体がついていかず、仕事になると夢中で働いてしまうので、水分が十分取れていないのではないかと思うのです。

と言うことで、いつもは夜にブログを書いていますが、なかなか筆が進みません。というか、バタンキューで夜の9時ぐらいにはもう布団に入っています。

私は、幸いにして、大きな病気もなく、寝込むことが少ないのですが、さすがにここ数日の仕事終わりの偏頭痛には参りました。
当然、十分な睡眠をとると体は回復するのですが、歳なんでしょうか?なかなか思うように回復できないようですね。

自分の武器で怪我をする

さて、こんな風に体力が十分あって、いたって健康な人に限って、無理をしがちになるようです。

体力のある若いうちはなんとかなるのですが、年齢とともに回復力が薄らぎ、今まで出来ていたのに、できなくなることが徐々に出てきます。

そうすると、そこを何かでカバーしなくてはいけなくなる訳ですが、今までなんとかやってきたので、自分自身の体力にも能力にも限界にきているのです。

そこで、考える!という行動に移るのですが、倒れてからでは、思考もなかなか追いつきませんよね。

これは自分が体力があるからという武器を振りかざして、何も考えずに仕事をしていた結果なのです。

生産性を高める

このように体力があると、自分の能力を体力でカバーしようとし、繰り返しの仕事そのものを減らそうとしないのです。

毎日の仕事に追われていることもわからず、頑張るわけです。

で、ついに破綻?!

今回は、偏頭痛だけで良かったのですが、これをきっかけに、

そうなる前に、繰り返しの仕事そのものをどうやって減らしていくか?について、もう少し意識をしたいと思っています。

この記事を書いた人

michann

読書が好きで、本が速く読める(フォトリーダ)技術を持っていながらも、年齢と共に活字を読むことに煩わしさを感じ、現在は耳読に夢中です。



仕事は、花つくりを中心とした農業をしています。
お花に関する知識

・造園施工管理技士2級
・小原流 家元教授
・グリーンアドバイザー
・ハンキングバスケット・マスター

・食品衛生管理者

を持っています。



独身時代は、海外添乗の経験があり総合旅程管理主任者を取得し、今は趣味として旅を続けながら人生を謳歌中です。
また、

最近始めたゴルフは、100のスコアーを切るべく苦戦しながら楽しんでいます。



また、自分の強みであるコミュニケーション能力と社交性、個別化を生かし数年前より 社)コーチングプラットフォーム認定コーチとなり、コーチングで”自分らしくしなやかに生きる”を実践中です!



そんな私のブログですが、ちょっと覗いてみてくださいね。


みっチューブでは、赤飯動画がバズり7万再生回数を突破!

簡単に、炊飯器で炊けるできる赤飯動画も見てね!


詳しいプロフィールはこちらから