「to do list」を作り、優先順位を考えていても、全く仕事が片付かないのは、根本的な原因があなたの中にあることをご存知でしたか?

私も、「to do list」を作り、毎朝、優先順位の考えて仕事をしていますが、それでもうまくいかない時は、3つの問題点にぶち当たります。

  1. 仕事の効率が悪い
  2. 仕事を抱えすぎている
  3. 時間が足りない

仕事の効率が悪い

仕事の効率が悪いと言われると、「そっか、、、自分がどんくさいからだ、、、」と落ち込むかもしれませんが、ここでの定義は仕事の効率と、優先順位とは全く関係ないということです。

今、私は会計ソフト導入の勉強をしていますが、これは仕事で使うので非常に重要で優先順位も高くなります。しかし、全くの初心者が、使った費用の仕分けをするわけですから時間もかかりますし、ましてや、初めて導入したソフトを使うこともスイスイとはいきません。なので、効率は悪く、手間暇かかる仕事なのです。
だからと言って、この仕事をないがしろにするわけにはいきません。時間がかかって当たり前の優先事項なんですね。

仕事を抱えすぎている

こちらは当然のことでして、先日にもブログに書きましたが、何でもかんでも受け入れて仕事をしてしまいますと、本当に重要なことが後回しになり、気がついたら頼まれていた仕事がやれていない。
結果、依頼している方の信頼を喪失してしまうことにもなりかねません。

時間が足りない

過密スケジュールで全くの余裕がない仕事は、優先順位づけしても何かのトラブルで時間が大幅に狂うことさえあるのです。

一日でできる仕事には限界があります。

優先事項もありすぎると、未消化になり「to do list」がどんどん増えていく事態に陥ってしまいますから、精査する必要性がありますね。

時間が足りない

時間を生み出そうと、睡眠時間を削って乗り切ろうとしますが、かえって集中できず時間だけがやみくもに過ぎていくことになります。

一事が万事でも、トータル的に考えると全く意味がないのです。

いえ、それどころか、健康面で大きなひずみが出ることもあるのです。

とても大事なこと

時間管理の概念はツールを使ってサクサクこなすことのように見えますが、抜本的な問題、特に仕事の詰め込みすぎという問題を解決しないと、何をやっても余裕がなく、仕事の成果が上がらず、相手との信頼関係をも失ってしまうことになりかねないのです。

このような3つの問題点を踏まえ、改善できることについて、次回は書いてみたいと思います。

こちらが参考図書です。

仕事に追われ気味な方に是非どうぞ!

この記事を書いた人

michann

読書が好きで、本が速く読める(フォトリーダ)技術を持っていながらも、年齢と共に活字を読むことに煩わしさを感じ、現在は耳読に夢中です。



仕事は、花つくりを中心とした農業をしています。
お花に関する知識

・造園施工管理技士2級
・小原流 家元教授
・グリーンアドバイザー
・ハンキングバスケット・マスター

・食品衛生管理者

を持っています。



独身時代は、海外添乗の経験があり総合旅程管理主任者を取得し、今は趣味として旅を続けながら人生を謳歌中です。
また、

最近始めたゴルフは、100のスコアーを切るべく苦戦しながら楽しんでいます。



また、自分の強みであるコミュニケーション能力と社交性、個別化を生かし数年前より 社)コーチングプラットフォーム認定コーチとなり、コーチングで”自分らしくしなやかに生きる”を実践中です!



そんな私のブログですが、ちょっと覗いてみてくださいね。


みっチューブでは、赤飯動画がバズり7万再生回数を突破!

簡単に、炊飯器で炊けるできる赤飯動画も見てね!


詳しいプロフィールはこちらから