3月に入りすっかり春の兆しが肌で感じるようになってきました。

その一つに店頭で並ぶ、苺の量と安さです。

苺は、12月中下旬から出回るのですが、こちらはまだシーズン先取りの一番成りですから、値段も高く、また、お歳暮やクリスマスケーキに使用されるため、なかなか手の届きにくい値段なのですが、ハウスの中で育ったいちごが気温も高くなり始め日差しも強くなるこの3月から4月までは、ジャムにできる大きさのものから、特大サイズまでお手頃価格で手に入れることが可能です。

この頃、我が家では苺大福をお雛様に供えていたのですが、最近では、簡単に苺大福が作れるため、買わずに作っています。
何と言っても一個150円以上する苺大福ですが、家で作ると20個ほどが市価の半額ほどで出来上がりますから、苺大福祭りと称して数日に分けて作っております。

特に電子レンジで作る苺大福は、小さなお子さんでも安全に作ることができ季節のおやつ作りに最適です。



材料(苺大福8個分)

苺 8個(小さめの苺の方が扱いが良い)
白玉粉 100g
水 120cc
砂糖 50g
あんこ 240g(白あん・黒あんどちらでも可)
片栗粉 少々

苺はヘタを取り除き、あんこ1/8でいちごを包み込むようにあんこを包みます。
この時、いちごの先は出来るだけあんを巻かないほうが、仕上がりがほんのりピンク色で綺麗に見えます。

白玉粉と水をどんぶり鉢の中で混ぜる。

砂糖を加える

混ぜたものをラップして電子レンジで2分チン。

しゃもじで混ぜる

もう一度、ラップして電子レンジで1分チン。

しゃもじで混ぜる

またまた、ラップして電子レンジで1分チン。


*このぐらいで、いちご大福の衣の部分が出来上がります。要は、粉っぽい部分が残らなければかまいません。

羽重餅のような、光沢が出てきました。

まな板に片栗粉を少しまぶし、出来上がった餅を8等分に切り分ける。


事前に用意していた、あんを包んだイチゴに餅を包ませたら出来上がりです♪

苺大福3つも食べて、今日は書きながら心もお腹も満タンになりました。

是非お試しください〜〜♪

とはいえ、私の住んでいる街は、苺が取れるのは4月の終わりからゴールデンウィークにかけてとなります。

こちらも関連記事です。

この記事を書いた人

michann

読書が好きで、本が速く読める(フォトリーダ)技術を持っていながらも、年齢と共に活字を読むことに煩わしさを感じ、現在は耳読に夢中です。



仕事は、花つくりを中心とした農業をしています。
お花に関する知識

・造園施工管理技士2級
・小原流 家元教授
・グリーンアドバイザー
・ハンキングバスケット・マスター

・食品衛生管理者

を持っています。



独身時代は、海外添乗の経験があり総合旅程管理主任者を取得し、今は趣味として旅を続けながら人生を謳歌中です。
また、

最近始めたゴルフは、100のスコアーを切るべく苦戦しながら楽しんでいます。



また、自分の強みであるコミュニケーション能力と社交性、個別化を生かし数年前より 社)コーチングプラットフォーム認定コーチとなり、コーチングで”自分らしくしなやかに生きる”を実践中です!



そんな私のブログですが、ちょっと覗いてみてくださいね。


みっチューブでは、赤飯動画がバズり7万再生回数を突破!

簡単に、炊飯器で炊けるできる赤飯動画も見てね!


詳しいプロフィールはこちらから