しあわせ満ちる ♪

幸せの青い鳥をあなたに

ドラッカー流整理術〜主婦もリーダーも体系的廃棄に取り込むことで、アップグレードできる。体系的廃棄とは

img_6272
昨日から、タンス購入前に衣類の整理を始めているのですが、なかなか捨てられない服が結構あるのです。

その理由は、着れるからです。

もったいないというより、着ようと思えば着れる服があるので捨てられないのです。
で、タンスの引き出しは、冬の衣類ということで、パンパンになっているのです。

確かに、着られるのです。

ただし、お出かけにはちょっと生地もタルタルになっていて、どうも心がときめかないのです。

では、どうやったら捨てれるのか?

例えば電池なら、使えなくなったら止まるので、電池を捨てることは可能ですが、洋服は、タルタルになっても着れるからなかなか捨てれないのです。

外出にはちよっと、、と思っていても、家でなら着れるし、、、と、とりあえずで置いておきます。
そうすると、特に冬物の衣料はかさばりやすいので、引き出しに数枚入れたら、引き出しがアップアップの状態です。

また、着心地の良い服に限って何度も着るので、クタクタになるのです。

ドラッカーが伝える、体系的廃棄とは

さて、マネージメントで有名なドラッカー氏は、チェンジ・リーダーになるためにイノベーションの推進を進めています。
その中で重要な事ととして、「体系的廃棄」にも取り組まなくてはいけないのです。

体系的廃棄とは、今やっていることを、まだしていないことに仮定し、その上で、今からでも実行するか?を考えてみることです。
そして、答えが「ノー」ならば、その行いを即座に廃止するという定期的なリニューアルなのです。

主婦でも実行できること

では、難しく考えないで洋服の整理という視点で考えてみましょう。

今あるタンスの服を全て外に出し、一枚ずつ手に取り「今からでもこれを購入するだろうか?」と考えてみましょう。

答えが「ノー」ならば、とにかく、一時保管場所に入れて置き、一定の期間が過ぎれば処分したほうがよさそうですね。

このように、パソコンが定期的にアップグレードされるように、自分たちも、そして、それに応じて持ち物も、アップグレードしてゆきたいものです。

こちらは、掃除という視点から、仕事に結びつけたブログです。

ドラッガー氏の名著はこちらです。

初めての方でも、わかりやすくまとめてあります。

みっちゃん紹介

michann
家族 主人、子供3人
仕事 農業 花と野菜

特異な事

ホトリーダ(本が早く読めます)
親指シフトユーザー(仮免 )
生花講師(ペーパードライバー)
英語(出来ないけど、会話を根性でできます)
株(億ション目指してがんばりま〜す!ヘックッション)

美を追求してすっかり迷宮入り、たまるものはレシートと脂肪。早く脂肪届け役場に渡さないと雪だるまになりそうです。

詳しいプロフィールはこちらから

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top