img_6201

会社での大掃除をやめたわけ

ここ数年前まで、年末ギリギリまで仕事をして大掃除をしていました。

もちろん、事務所や倉庫の大掃除をこの時期にするというケジメは大切だと思いますが、ふと、本当に年末しなければならないことなのか?と疑問を持ちました。

と言いうよりも、実際のところ年末は最後のやらなければならない仕事が押し迫ってきています。
もちろん絶対やらなければならない仕事は最優先に考えますが、一年間を通して、7月8月の夏の時期と1月2月の冬の時期が閑散期となりますから、その時期に手が空いた人からやっていけばいいのではないかと考えました。
暑い夏に比べ、冬は比較的重労働な掃除は汗がかきにくく快適にできますし、夏は水を使った洗いのような掃除(網戸など)が早く乾いて良いように思われます。

そうなんです、「年末だから大掃除をしなければならない」ということはないのです。

特に、12月も20日を過ぎると小さいお子さんを持ってらっしゃるお母さん達は、クリスマス会や年末の準備、子供の冬休みなど家庭での行事が満載です。
そこで、月末までにしなければならない仕事を集中して終わらせ、パートさんなどはひと足早くお休みをとっていただきました。

時代の流れと変化を感じる

私たちは、ともすれば仕事を一年間という枠の中で考え、それを毎年繰り返すルーティーンワークのような思考回路になってしまいがちです。

しかし、働く人も時代の流れで変わっていくように、考え方も変化しています

大掃除一つとっても、数年前までは、当たり前のようにやっていたことでも、その時のニーズに合った仕方に変化していく方が上手くいく場合もあります。

キャリアを積むとは

私たちは、仮に20年間働いたとしても、キャリアを積んでいるでしょうか?
ただ一年間の経験を20回繰り返しているのなら、これはキャリアではないのです。

もうすぐ一年が終わろうとしていますね。
今年の初めにやった事を思い起こしながら、ほんの少し変化を起こしてみましょう。
少しの改善が積み重なることで、自分のキャリアを活かした仕事ができるはずです。

仕事のちょっとした改善を行っています〜。詳しくは、こちらを。

この記事を書いた人

michann

読書が好きで、本が速く読める(フォトリーダ)技術を持っていながらも、年齢と共に活字を読むことに煩わしさを感じ、現在は耳読に夢中です。



仕事は、花つくりを中心とした農業をしています。
お花に関する知識

・造園施工管理技士2級
・小原流 家元教授
・グリーンアドバイザー
・ハンキングバスケット・マスター

・食品衛生管理者

を持っています。



独身時代は、海外添乗の経験があり総合旅程管理主任者を取得し、今は趣味として旅を続けながら人生を謳歌中です。
また、

最近始めたゴルフは、100のスコアーを切るべく苦戦しながら楽しんでいます。



また、自分の強みであるコミュニケーション能力と社交性、個別化を生かし数年前より 社)コーチングプラットフォーム認定コーチとなり、コーチングで”自分らしくしなやかに生きる”を実践中です!



そんな私のブログですが、ちょっと覗いてみてくださいね。


みっチューブでは、赤飯動画がバズり7万再生回数を突破!

簡単に、炊飯器で炊けるできる赤飯動画も見てね!


詳しいプロフィールはこちらから