img_5460
前回は、時間管理について、発想の転換をすることで自由な時間が生まれることを書いてみました。
今日は発想の転換ということがいかに大事か?ということにつて書いてみたいと思います。

今のやり方でやるから、問題が山積するのです

ビジネスにおいて、時間管理やちょっとした効率化で、利益が大幅に変わることが多々ありますから、経営者ともなれば、こぞって、このようなことを業務の一環として、取り組まれることが多いようですね。

また、家庭内においても、こういったことをすることで、効率化を図ったり、家計の節約に役立つことも多いようです。

しかし、ある一定数までいくと限界がやってきます。

例えば、会社だと、効率化をしすぎると社員の反感をかって、ヤル気なくなったり、お互いにギスギスしたりと、かえって問題がおこるケースも多いようです。

家庭においては、母親が一生懸命やるあまり、子供達が『あ、ほっておいてもどうせママがやってくれるし』とか、『忘れても、どうにかなるし』と、子供の方が、楽に楽に生きようとします。

で、母親のイライラが原因で、つい怒ってしまう。
嫌みを言ってしまうことで、家族関係がうまくいかなくなるケースも多いようです。

高品質が良いとは限らない

さて、ここで思い出してください。

昔の電話は、ただ電話をかけるということに特化した商品でしたね。

それが、一家に一台という電話から、一人一台になってからは、アレヤコレヤと機能が付帯し、ご年配の方には非常に扱いにくい商品になってきました。

もちろん、便利なところも沢山ありますが、時々、こんな高機能な商品持っていても、使うはずないやろう?かえって、操作を複雑にしてしまっていることも少なくありません。

これを人に置き換えるとどうでしょう?

今までシンプルだった生き方も、時代に流され、どんどん忙しくなってきています。

例えば、東京⇆名古屋、大阪⇆東京の出張も日帰りでできてしまうくらいですから。

Make BetterからMake Newへ

こんな生活に満足しているなら、全く問題ないのですが、もし変わりたい!変えたい!と思うなら、より良い方法をとるという発想より、新しい発想の転換が必要になるのです。

スタイルやルールを変えずに、より良いを目指すと破綻してしまうからです。

img_5792

商品に例えると、TSUTAYA書店などもその一例かと思います。

昔は、本の立ち読みなんて、悪いことという概念がありました。

長時間本屋にいると、店員さんから煙たがられたりして……。それが今やどうでしょう、椅子がおいてあったり、喫茶店が中にあって、お茶を飲みながら売り本を読めるわけですから……

今までは、そんなこと、あったらいいなぁ〜の世界でしたから……

発想力で自分が「感じて→気づいて→動いて→変わっていく」

商品は簡単に変えられても、人は着せ替え人形のようにすぐに変わることはなかなか難しいのですよね。

でも、もし変わらないと……。と思ったら、少しずつでいいので行動を変えてみてください。
例えば、通勤経路を変えるというささいなことでも構いません。

このような行動が、ちょっとずつ変わっていく手がかりになるのです。

今までの頑張りを見直してみましょう。

視点を変えたり、行動を変えたりすることで、手がかりがつかめるはずです。

ほっと一息

この写真の花は、にらの花です。

そう、野菜のにらです。なんだか味と花がイメージつかないですよね。うちの土手で見つけました。

この記事を書いた人

michann

読書が好きで、本が速く読める(フォトリーダ)技術を持っていながらも、年齢と共に活字を読むことに煩わしさを感じ、現在は耳読に夢中です。



仕事は、花つくりを中心とした農業をしています。
お花に関する知識

・造園施工管理技士2級
・小原流 家元教授
・グリーンアドバイザー
・ハンキングバスケット・マスター

・食品衛生管理者

を持っています。



独身時代は、海外添乗の経験があり総合旅程管理主任者を取得し、今は趣味として旅を続けながら人生を謳歌中です。
また、

最近始めたゴルフは、100のスコアーを切るべく苦戦しながら楽しんでいます。



また、自分の強みであるコミュニケーション能力と社交性、個別化を生かし数年前より 社)コーチングプラットフォーム認定コーチとなり、コーチングで”自分らしくしなやかに生きる”を実践中です!



そんな私のブログですが、ちょっと覗いてみてくださいね。


みっチューブでは、赤飯動画がバズり7万再生回数を突破!

簡単に、炊飯器で炊けるできる赤飯動画も見てね!


詳しいプロフィールはこちらから