img_6151
今朝は、注文発送も完了し、緩やかに仕事がスタートしました。

私が落ち着いてるのを、みんなが肌で感じるているのか、朝からはゆとりのあるスタートだったのです。

しかし!明日は勤労感謝の日ということで、気を緩めてはいけません。そんな時に限ってバタバタするのが、いつものことなのです。

朝、9時半ごろでしょうか、事務員から電話です。

「明後日に発送の注文が入って来ました。数量は◯◯箱です。」

は??と思うような数字です。

2日あればその数字は問題のない数字なのですが、明日は休日なので、ほとんどの人が休みになります。
そうすると、今日中に仕上げなくてはいけません。

集中して取り組めば、できる!を示す

やばい!早急に全員の手を止めて、明後日に出荷分の花を作る段取りにかかりました。

各チームのチーム編成を口頭でし、とにかく、集中して取り組むようにゲキを飛ばします。

私は、まず「余計なことをするな!」と言います。

余計なこととは、時間がある時は、ちょっとした片づけや心配りも必要ですが、こんな時は、無駄な動きを排除することで、個々の集中力が増してくるからです。

そして、出来るだけ、早くメドをつけることで、頑張れば終われるということを、みんなに理解してもらうことが大切になってきます。

時おり数字を使って、今どこまでできたか?同じようなペースで行けば後どのくらいで出来るかを確認し合います。

そうすると、出来るのか?無理なのかが肌で感じるられるのです。

残業はしない!のスタンスを取る

頑張っているみんなに、私はこう言います。

「明日は休みだから、やって帰るように!メドをつけて!」と全体にペースメーカのように声を出します。

そして、残業はしない!というスタンスを取るのです。

このスタンスを取っておくと、みんなは、残らなくていいから仕上げて帰るぞ!という、意気込みに変わり、現場は張り詰めた空気に変わります。

デッドラインを決める

このように、デットラインを決めることで、こみんながどれ位のペースで仕事をすればいいかが、次第に分かってきます。

もちろん、声かけも大事ですし、途中経過報告も重要です。

しかし、デッドラインを決めたことで、みんなの集中力が増し、相乗効果で仕事が早く片づくのです。

もちろん、この間は余計な仕事はしてはいけません。

余計な仕事は、メドがついて、仕事が90%片付き始める頃に、ようやくし始めるのです。

そうです、逆に余計な仕事、例えば片づけなどの雑務が入りだしたら、終わりに近づくサインな訳ですね。

現場の空気を作るには、緩急をつけることが大切

毎日追い立てられながらの仕事は、あくせくしているだけで、楽しくありませんし、のんびり〜した仕事では、仕事にならないのが現状です。

今日は、皆さんの集中力が重なり合って、予定していた時間より1時間程早めに終了することができ、残りの一時間で雑務をしたのです。

このように、緩急をつけることで、個々の能力を最大に発揮出来る場を作ることが、リーダーとして求められているのではないでしょうか?

まとめ

突発作業も3つのポイントを押さえれば上手くいく

  • 集中する=リズムにのるまでは、余計なことをしない
  • メドをつける=ペース配分を体感する
  • デッドラインを決める=残業しないことで成功報酬を提示する

素敵な休日を〜〜!?あ、私は仕事だったわ(⌒-⌒; )

この記事を書いた人

michann

読書が好きで、本が速く読める(フォトリーダ)技術を持っていながらも、年齢と共に活字を読むことに煩わしさを感じ、現在は耳読に夢中です。



仕事は、花つくりを中心とした農業をしています。
お花に関する知識

・造園施工管理技士2級
・小原流 家元教授
・グリーンアドバイザー
・ハンキングバスケット・マスター

・食品衛生管理者

を持っています。



独身時代は、海外添乗の経験があり総合旅程管理主任者を取得し、今は趣味として旅を続けながら人生を謳歌中です。
また、

最近始めたゴルフは、100のスコアーを切るべく苦戦しながら楽しんでいます。



また、自分の強みであるコミュニケーション能力と社交性、個別化を生かし数年前より 社)コーチングプラットフォーム認定コーチとなり、コーチングで”自分らしくしなやかに生きる”を実践中です!



そんな私のブログですが、ちょっと覗いてみてくださいね。


みっチューブでは、赤飯動画がバズり7万再生回数を突破!

簡単に、炊飯器で炊けるできる赤飯動画も見てね!


詳しいプロフィールはこちらから