fullsizerender-5

もったいない病が稼働し始める

ダイエット?痩せる!あ〜〜私には未知との遭遇だわ、、、、(⌒-⌒; )

しかし!1年前の5月から数ヶ月で体重を20㎏をとした主人は、現在ウエストが10㎝ダウンしてしまいまして、スーツなどが全く合わない状態なんです。

この秋も、ゴルフウエアーやスーツを新調いたしました。

もちろん、健康的に痩せたので、洋服を新調することは喜ばしいことなんですが、とは言え、以前着ていたスーツがなかなか捨てられずにいたのです。

普段着ならいざ知らず、また太ったら??と思ってハンガーに着飾っていくこと1年、タンスの肥やしです。

捨てれる価格と捨てれない価格

簡単に捨てるといいましても、思い出の詰まった物、使いやすい物、高価な物はなかなか捨てることができません。

今回は、スーツ類です。

ほとんどがオーダーでしたから、確かに高価なものもありましたし、生地も英国製で光沢のあるお気に入りの一点もありました。

サイズ直しを考えましたが、10㎝もサイズダウンするということは、全てを作り変える作業と同じになると伺い、敢え無く断念です。

決断の先送り

このようにもったい病が稼働し始めどうなったかと言いますと、ぶかぶかのスーツでもあるという感覚になってますから、切迫感がありません。

で、いざスーツに袖を通してマジマジ見るとなんだかすっきりしません。

痩せるとスリムスーツの方がすっきり見えるのですよ。

でも、まっいいか?とりあえずあるし、、、、できたけど、やっぱりよくないよね。と大慌てで買いに行きました。

結果、どうなったかというと、オーダースーツは時間がなくて、結局、吊るしの商品ですし、とりあえず感満載となってしまいました。

スーツひとつをとってみても、着れない洋服でもタンスにあることで安心感が生まれ、買おうという気になれません。

しかし、いざ着て見るとイマイチで、じゃ〜買おう!と決断しても、既に時間がなかったり、自分の気に入った物がなかったします。

溜まっていませんか?未来に捨てられたゴミの山

このように、問題を先送りしたことで、土壇場になってアタフタすることがよく見受けられます。

言い換えれば、問題を先送りしたということよりも、未来にゴミを捨てたような物です。

今回は、ブカブカのスーツを未来に送ってしまったため、買わなければいけないという危機感が遠をのき、結果、アタフタしたのです。

今回は洋服を例にとってみましたが、問題を先送りすることで、いつまでたってもなおざりにになっていることが、ありませんか?

皆さんのもったいない病は、未来に何を残すでしょうか?

この記事を書いた人

michann

読書が好きで、本が速く読める(フォトリーダ)技術を持っていながらも、年齢と共に活字を読むことに煩わしさを感じ、現在は耳読に夢中です。



仕事は、花つくりを中心とした農業をしています。
お花に関する知識

・造園施工管理技士2級
・小原流 家元教授
・グリーンアドバイザー
・ハンキングバスケット・マスター

・食品衛生管理者

を持っています。



独身時代は、海外添乗の経験があり総合旅程管理主任者を取得し、今は趣味として旅を続けながら人生を謳歌中です。
また、

最近始めたゴルフは、100のスコアーを切るべく苦戦しながら楽しんでいます。



また、自分の強みであるコミュニケーション能力と社交性、個別化を生かし数年前より 社)コーチングプラットフォーム認定コーチとなり、コーチングで”自分らしくしなやかに生きる”を実践中です!



そんな私のブログですが、ちょっと覗いてみてくださいね。


みっチューブでは、赤飯動画がバズり7万再生回数を突破!

簡単に、炊飯器で炊けるできる赤飯動画も見てね!


詳しいプロフィールはこちらから