しあわせ満ちる ♪

幸せの青い鳥をあなたに

決断の先送りは、未来に捨てられたゴミの山〜タンスに眠る衣類は未来に何を残しますか?

fullsizerender-5

もったいない病が稼働し始める

ダイエット?痩せる!あ〜〜私には未知との遭遇だわ、、、、(⌒-⌒; )

しかし!1年前の5月から数ヶ月で体重を20㎏をとした主人は、現在ウエストが10㎝ダウンしてしまいまして、スーツなどが全く合わない状態なんです。

この秋も、ゴルフウエアーやスーツを新調いたしました。

もちろん、健康的に痩せたので、洋服を新調することは喜ばしいことなんですが、とは言え、以前着ていたスーツがなかなか捨てられずにいたのです。

普段着ならいざ知らず、また太ったら??と思ってハンガーに着飾っていくこと1年、タンスの肥やしです。

捨てれる価格と捨てれない価格

簡単に捨てるといいましても、思い出の詰まった物、使いやすい物、高価な物はなかなか捨てることができません。

今回は、スーツ類です。

ほとんどがオーダーでしたから、確かに高価なものもありましたし、生地も英国製で光沢のあるお気に入りの一点もありました。

サイズ直しを考えましたが、10㎝もサイズダウンするということは、全てを作り変える作業と同じになると伺い、敢え無く断念です。

決断の先送り

このようにもったい病が稼働し始めどうなったかと言いますと、ぶかぶかのスーツでもあるという感覚になってますから、切迫感がありません。

で、いざスーツに袖を通してマジマジ見るとなんだかすっきりしません。

痩せるとスリムスーツの方がすっきり見えるのですよ。

でも、まっいいか?とりあえずあるし、、、、できたけど、やっぱりよくないよね。と大慌てで買いに行きました。

結果、どうなったかというと、オーダースーツは時間がなくて、結局、吊るしの商品ですし、とりあえず感満載となってしまいました。

スーツひとつをとってみても、着れない洋服でもタンスにあることで安心感が生まれ、買おうという気になれません。

しかし、いざ着て見るとイマイチで、じゃ〜買おう!と決断しても、既に時間がなかったり、自分の気に入った物がなかったします。

溜まっていませんか?未来に捨てられたゴミの山

このように、問題を先送りしたことで、土壇場になってアタフタすることがよく見受けられます。

言い換えれば、問題を先送りしたということよりも、未来にゴミを捨てたような物です。

今回は、ブカブカのスーツを未来に送ってしまったため、買わなければいけないという危機感が遠をのき、結果、アタフタしたのです。

今回は洋服を例にとってみましたが、問題を先送りすることで、いつまでたってもなおざりにになっていることが、ありませんか?

皆さんのもったいない病は、未来に何を残すでしょうか?

みっちゃん紹介

michann
家族 主人、子供3人
仕事 農業 花と野菜

特異な事

ホトリーダ(本が早く読めます)
親指シフトユーザー(仮免 )
生花講師(ペーパードライバー)
英語(出来ないけど、会話を根性でできます)
株(億ション目指してがんばりま〜す!ヘックッション)

美を追求してすっかり迷宮入り、たまるものはレシートと脂肪。早く脂肪届け役場に渡さないと雪だるまになりそうです。

詳しいプロフィールはこちらから

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top