IMG_4756
本格的な夏がやってきました!

で、今年は鉢植えのバジルから、畑にバジルを植えました。予想通り、土壌が良いためスクスク育っています。

毎年、ほんの少しのバジルを薬味代わりにトマトとモツァレラチーズの上に乗せたりしていましたが、いや〜こんだけ出来ると、それだけでは物足りません。

そこで!今年はバジルソースに挑戦してみました。

これが案外いけているのです。

バジルは、両手いっぱい摘んでもバジルソースを作って、スパゲッティのジェノベーゼを作れば、あっという間に4人分のパスタでバジルを消費してしまします。

作る時は、沢山作って瓶に保存します。ちょっとしたおそそわけもいいですね(-_^)

IMG_4723

だいたい、ご家庭でジェノベーゼを作るといえば、どんなハイソ(ハイソサイエティー)な家庭なんやろう?と以前は思っていたのですが、種を明かすと結構たいしたことないやん!って感じです。

そして、イタリアではママの味と言われるのも、わかるような気がします。

また、作りおきしたら、ある程度小分けにして、冷凍保存でもいいかもしれません。

我が家では、サーモンのムニエル、ジャガイモのポテトサラダ、チキンのグリル焼きなどにレモンとバジルソース添えであっという間に完食です。

では、ちょっと種あかしです。

<バジルソース>

  • バジルの葉40g(ひと握り20g位なので、両手に一杯です)
  • オリーブオイル 50g
  • クルミ(松の実やピーナッツでも)20g
  • ニンニク 2かけら
  • 塩小さじ1/4
  • コショウ お好みで少々

要するに、バジルの葉っぱ以外は先にミキサーで撹拌しておき最後にバジルを混ぜます。

IMG_4729

だだそれだけです。笑

で、ここでのポイントは、くるみを使用することでしょうか。

松の実はなかなか手に入れにくいですし、値段も高くなりますよね。そこで、スーパーのドライフルーツやナッツ売り場でくるみを購入します。

グリーン色のペーストは、夏の太陽を浴びたバジルの葉でいっぱいです。

また、βカロテンがバジルやシソには大量に含まれています。

これは、免疫力を高まる効果と共に、抗酸化作用があり、簡単にいえば錆びない!アンチエイジング効果を手に入れることができます。

いや〜、夏のお肌は紫外線を受けやすいイベントが一杯ですよね。

是非、そんな回復機能を持った夏のサプリをお試し下さいませ。

この記事を書いた人

michann

読書が好きで、本が速く読める(フォトリーダ)技術を持っていながらも、年齢と共に活字を読むことに煩わしさを感じ、現在は耳読に夢中です。



仕事は、花つくりを中心とした農業をしています。
お花に関する知識

・造園施工管理技士2級
・小原流 家元教授
・グリーンアドバイザー
・ハンキングバスケット・マスター

・食品衛生管理者

を持っています。



独身時代は、海外添乗の経験があり総合旅程管理主任者を取得し、今は趣味として旅を続けながら人生を謳歌中です。
また、

最近始めたゴルフは、100のスコアーを切るべく苦戦しながら楽しんでいます。



また、自分の強みであるコミュニケーション能力と社交性、個別化を生かし数年前より 社)コーチングプラットフォーム認定コーチとなり、コーチングで”自分らしくしなやかに生きる”を実践中です!



そんな私のブログですが、ちょっと覗いてみてくださいね。


みっチューブでは、赤飯動画がバズり7万再生回数を突破!

簡単に、炊飯器で炊けるできる赤飯動画も見てね!


詳しいプロフィールはこちらから