IMG_0397

昨日は、昔からの友人と数名でホテルに泊まり込んで夜な夜な喋り倒した1日でした。

アメリカから帰国したタイミングを狙って、わたしの友人の娘さんを紹介しました。

彼女は今19歳で、これからアメリカの大学入試に向けて、勉強と渡航費用を稼ぐ為に企業に期間従業員として働いています。

同じ子供を持つ母としては、アメリカに行くことも、今、出稼で働くことも心配でなりません。

しかし彼女は「大丈夫、こういう体験が自分を強くさせるから、いいのよ〜。」

って…

彼女のご主人のこと

彼女のご主人はドイツ人で、今ではアメリカの大学教授並びに押しも押されぬ、スーパードクターです。

収入も何千万も稼ぎ、日本、オーストラリア、南米、アメリカに家を持ち、5ヶ国語を喋ることができます。

その彼の生い立ちは、そんなセレブな生活とは全くうらはらでした。

小さい頃、両親が離婚し、母一人で育てられた彼は、ドイツからオーストラリアに移民してきました。

ドイツ人であることに迫害を受け、子供ながらどうやったらお金持ちになれるか?を考えていたそうです。

お金持ちになったら、母親に一軒家の家を買ってあげたい。その一心で、勉強したそうです。

そこで考えたのが、お医者さんだったそうです。

とにかく医者になれば、安定した高収入が得られると…

もちろん、家庭も裕福ではないので、学費は全て奨学金でまかない、勉強しながら、ビール工場で夜な夜な働いたそうです。

彼は、5年という速さで医学部を卒業し、勤務医として働きました。

実は、お医者さんの中にもいろいろな免許があって、医師免許を取った後も専門的分野の勉強をおこたらず、数十年がオーストラリアで月日が経ちました。

その頃の彼は、勉強の虫だね〜って私たちは笑っていたけど…

勉強し続けた末に

コツコツ勉強し続けた果てにほぼ全ての専門職の免許を取得し、ある時、同じドクターからアメリカで働くオファーをもらいました。

もちろん、収入は倍以上貰えますし、何と言っても自分の専門知識が発揮できる場でありますから、喜んで渡米することになりました。それが、15年程前になります。

ちなみに、医師免許は国際的ではないので、オーストラリアで取った医師免許はアメリカでは通用しません。

冗談みたいな話ですが、ドイツ人というだけで、テストに英語も含まれます。

と、いうことでもう一度医師免許の取り直しです。

彼は、常に勉強していましたので、なんなとクリアー。

渡米後は、安定した地位と年収で、みんなが羨やむ生活を送っています。

逆境はバネになる

このように、小さい頃の体験が肥やしになって、大輪の花を咲かせることもあります。

これは、事実ですが、真実は自分で変えることができるのです。

どう紡ぐかは自分次第。

小さなお嬢さんに、エールを贈ります。

IMG_0395

追伸

ホテルのスイートルームに連れて行ってあげたら、「いつかは、お母さんをジャグジーのあるホテルに連れて行ってあげたい」と、言っていましたよ(-_^)

うちの子供に聞かせてあげたいわ。

この記事を書いた人

michann

読書が好きで、本が速く読める(フォトリーダ)技術を持っていながらも、年齢と共に活字を読むことに煩わしさを感じ、現在は耳読に夢中です。



仕事は、花つくりを中心とした農業をしています。
お花に関する知識

・造園施工管理技士2級
・小原流 家元教授
・グリーンアドバイザー
・ハンキングバスケット・マスター

・食品衛生管理者

を持っています。



独身時代は、海外添乗の経験があり総合旅程管理主任者を取得し、今は趣味として旅を続けながら人生を謳歌中です。
また、

最近始めたゴルフは、100のスコアーを切るべく苦戦しながら楽しんでいます。



また、自分の強みであるコミュニケーション能力と社交性、個別化を生かし数年前より 社)コーチングプラットフォーム認定コーチとなり、コーチングで”自分らしくしなやかに生きる”を実践中です!



そんな私のブログですが、ちょっと覗いてみてくださいね。


みっチューブでは、赤飯動画がバズり7万再生回数を突破!

簡単に、炊飯器で炊けるできる赤飯動画も見てね!


詳しいプロフィールはこちらから