FullSizeRender 126

皆さんは、帰る家があることにホッとしたことはありませんか?

小さい頃の思い出です。

小学校の低学年か幼稚園児の頃だったかと思います。

お母さんと喧嘩して外に飛び出したことがありました。

も〜こんなところいやだ〜!と思ったのでしょう。景色が涙で見えなくなるぐらいくしゃくしゃの顔で家を飛び出しました。

今から考えたら大したことのない喧嘩だったのでしょう。どんなことで飛び出したか覚えてもいません。

公園で一人砂遊びをしながら、涙を流していたことを覚えています。

ちょっとした、気分はプチ家出です。

勢いで飛び出したものの、時間が経てば夕暮れと共に心はさびしくなっていきます。

日中はあれだけ賑やかだった公園もふと、周りを見渡せば遊んでいる素振りもありません。

やっぱり、帰ろうか‥

腹が立って泣いていた感情よりも、私を迎えに来て欲しいという気持ちがだんだん強くなってきます。

そして、足は家の方向を向き、歩き始めていました。

おうちが見えた時、いつもと違った景色に見えて、当たり前の風景が、新鮮で優しく見えたことをこの文章を読んで思い出しました。

片づけとは人とモノとおうちのバランスをとる行為であるはずです。‥

‥私がおうちに対して何か大きな存在を感じるのは、お客様のところにうかがうたびに、それぞれのおうちがどれだけ住む人のことを大切に思っているかが伝わってくるからです。いつでも同じ場所で待っていてくれて、守ってくれる。どんなに働いていてくたくたになった状態の自分も癒してくれる。逆に「今日は働きたくない!」と素っ裸で転がっていても、「いいよ」と受け入れてくれる。ここまで懐の深い、あたたかくて大きな存在はそうほかにいません。

〜人生がときめく片づけの魔法〜近藤 麻理恵

当たり前の風景がちょっとしたことで変わった瞬間です。

そしてその感情も時と共に忘れ、当たり前の生活を送っています。

でも、家という私たちを守ってくれている存在があるから、帰る場所があるから、私たちは自由になれるのです。

その大きな存在をすっかり忘れていた、そしてそんな自分に気がついた一節でした。

この記事を書いた人

michann

読書が好きで、本が速く読める(フォトリーダ)技術を持っていながらも、年齢と共に活字を読むことに煩わしさを感じ、現在は耳読に夢中です。



仕事は、花つくりを中心とした農業をしています。
お花に関する知識

・造園施工管理技士2級
・小原流 家元教授
・グリーンアドバイザー
・ハンキングバスケット・マスター

・食品衛生管理者

を持っています。



独身時代は、海外添乗の経験があり総合旅程管理主任者を取得し、今は趣味として旅を続けながら人生を謳歌中です。
また、

最近始めたゴルフは、100のスコアーを切るべく苦戦しながら楽しんでいます。



また、自分の強みであるコミュニケーション能力と社交性、個別化を生かし数年前より 社)コーチングプラットフォーム認定コーチとなり、コーチングで”自分らしくしなやかに生きる”を実践中です!



そんな私のブログですが、ちょっと覗いてみてくださいね。


みっチューブでは、赤飯動画がバズり7万再生回数を突破!

簡単に、炊飯器で炊けるできる赤飯動画も見てね!


詳しいプロフィールはこちらから