今日は、とても嬉しい日

2年前のクリスマスイブに妹の食道ガンの宣告を受けて、食道を切除。
昨年のクリスマスは、乳がんが見つかって全摘の手術。
毎年、妹の突然の電話に驚かされた。

小学生の子供を持つ妹は、どんな宣告をされようとも、生きると言う強い意志を持って病気と戦っていました。
そんな妹を私は誇らしくも思い、強く尊敬しています。

私の母も、残念ながら2年程の闘病生活の後、73歳の命を閉じました。そんな二人の闘病生活を側で見ていて、私にできることは健康で、みんなの分まで生きることなんだといつも思っています。

今日は、今年最後のペット検査の結果報告。
2年連続、ガン宣告受けてるから今年もドキドキやったけど、これだけは当たらずに良かったと思えるクリスマスイブ。

きっと、サンタさんは私と妹、そして、妹家族に生きる幸せを与えてくれたんだわ。
この命、来年も灯せますように、一生懸命生きましょう♪

この記事を書いた人

michann

michann

家族 主人、子供3人
仕事 農業 花と野菜

特異な事

ホトリーダ(本が早く読めます)
親指シフトユーザー(仮免 )
生花講師(ペーパードライバー)
英語(出来ないけど、会話を根性でできます)
株(億ション目指してがんばりま〜す!ヘックッション)

美を追求してすっかり迷宮入り、たまるものはレシートと脂肪。早く脂肪届け役場に渡さないと雪だるまになりそうです。

詳しいプロフィールはこちらから