今日は、今年の2月に仕込んだお味噌を蔵から取り出す作業をしました。

暑い夏を乗り越えて、樽の中で充分発酵し黄金色に輝き始めています。


国産大豆と天然粗塩、地元で取れたコシヒカリ米のみで作られています。

もちろん、添加物は、入っておらず、麹菌の発酵の力でお味噌になっています。

お味噌は、生きています!

昔は、お味噌がこんな単純なものからどうやって仕上がるかがわからず、作ったら直ぐに食べられる物と思っていました。
しかし、実際に作ってみるとわかるのですが、発酵食品なので、時間をかけて熟成する必要がありますし、熟成するには30度を超える温度が必要になります。

そして、土用の入りが終わる頃から徐々に食べ頃になります。

はじめは、浅い黄金色そして、時間の経過につれて深みが増します。

発酵を抑えたい場合は、冷蔵庫で保管すると良いようです。

味噌の辛さの中には、大豆そのものの甘みが含まれそのまま食べても美味しいですが、ニンニクを混ぜるとニンニク味噌として、紫蘇を混ぜると紫蘇味噌として、野菜デップにも大活躍です。
隠し味にマヨネーズ・七味を入れても良いですね。

これからの寒い冬に、あったかいお味噌汁は最高ですね。

こちらのブログは、今年の始めの味噌作りの様子です。

この記事を書いた人

michann

michann

家族 主人、子供3人
仕事 農業 花と野菜

特異な事

ホトリーダ(本が早く読めます)
親指シフトユーザー(仮免 )
生花講師(ペーパードライバー)
英語(出来ないけど、会話を根性でできます)
株(億ション目指してがんばりま〜す!ヘックッション)

美を追求してすっかり迷宮入り、たまるものはレシートと脂肪。早く脂肪届け役場に渡さないと雪だるまになりそうです。

詳しいプロフィールはこちらから

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします