友人から譲り受けた身長160㎝にもなる大きなクマは、一人暮らしを始める娘の家に一緒に行くことになりました。

あまりの可愛さにクマにコタ(家の犬の名前と同じ)と名前を付け、新しいアパートでクマさんと一緒に寝たそうです。

娘の家は6畳一間の学生マンションです。

シングルのベットに一緒に寝るとかなり幅を取るらしく、まず、壁際にクマさんを置いて寝た所、自分がベットから転げ落ちたそうです。(笑)

次に、布団の様にクマさんを上にしたら、窒息死しそうになったので諦め、通路側にクマさんを置いて寝たら、朝起きてみるとクマさん、頭から落ちていたようです。

数日間暮らしてみて彼女曰く、まるで介護をしているみたいだそうです。

まず、一緒にいる時は椅子にすわらして、寝るときはベットに、用事をするときはフローリングにと、、、1日に何度も移動しているようです。

最近では、「ほんまに、あのおっさんいらんわ!」って急に言い出すから、どこのおっさんかなと思ったら、このくまのことでした。

だったら、実家に帰らしたら?って提案したのですが、一緒に引っ越してきたので愛着があるらしく、しばらくは介護をしながらルームメイトになるそうです。

しかし、、、すげー存在感でしょう、このクマ!!

決してソファーが小さいワケではありません。(笑)

Amazonでも購入することが出来ます。

この記事を書いた人

michann

michann

家族 主人、子供3人
仕事 農業 花と野菜

特異な事

ホトリーダ(本が早く読めます)
親指シフトユーザー(仮免 )
生花講師(ペーパードライバー)
英語(出来ないけど、会話を根性でできます)
株(億ション目指してがんばりま〜す!ヘックッション)

美を追求してすっかり迷宮入り、たまるものはレシートと脂肪。早く脂肪届け役場に渡さないと雪だるまになりそうです。

詳しいプロフィールはこちらから

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします