今日は、家に大概ある材料で出来る大人のおやつ、シフォンケーキの作り方です。

今まで、パウンドケーキはよく作っていたのですが、一回に使用する量にバターが100g(1/2箱)必要となると、思い立ってもなかなか出来ませんでした。
その点、シフォンケーキは、卵、小麦粉、砂糖、牛乳か水、サラダ油という、身近な材料で作ることが出来ますし、材料費も150円ぐらいで出来ます。

『勝間和代さんの失敗しないシフォンケーキの作り方』の動画を見て、チャレンジ!

しかし、安価でかつ、お手軽に作れるシフォンケーキをなぜ作らなかったかというと、卵白の泡立てや、材料を少しずつ加える手順などが面倒な上、オーブンで焼くと上手く膨らまず成功の確率が高くなかったからです。

しかし、『勝間和代さんの失敗しないシフォンケーキの作り方』の動画を見て、とても簡単そうに見えたので挑戦してみました。

動画では、20㎝のシフォンケーキ型を使用していたので、私の持っていた17㎝型に、リサイズし直さなくてはいけません。

いろいろ、レシピを調べてたのですが、どれをとっても同じ分量がなく、ひょっとして量は、多少違ってもいいんじゃないか?という疑問にぶち当たったのです。

そして、勝間和代さんの動画を見て、明らかに違うところは、卵白の泡立て方でした。

動画だと、しっかり泡立てるの意味が見て理解できました。
また、泡立て器が明らかに違う点でした。

こちらが、その時に使われていた泡立て器です。

流石に、4〜5万程する機械を購入する訳にはいかず、手持ちの泡立て器で挑戦です。

もし、私が失敗すれば、この動画は、機械がいいからだということになります。

量についてもチャレンジするには、勝間和代さんの動画の卵の比率から計算して同じ分量にしてみました。

計量についても、牛乳や油を㏄で測らずにgで測るところも気に入りました。というのも、どうせ計りを使っているなら、計量カップまで汚して洗い物を増やしたくないですよね。笑

まぁ、ここが私のアバウトクッキングの由縁かもしれません。

作り方(17㎝シフォンケーキ)

材料は17㎝型

  1. 卵4個
  2. 小麦粉80g
  3. 砂糖60g
  4. 牛乳or水50g
  5. サラダ油50g

卵4個を卵白と卵黄に分け、2〜5の材料を卵黄に入れた泡立て器で混ぜ、卵白のみ泡立てた中に少しずつ混ぜ合わせるというだけです。

今までのお菓子作りは一体なんだったんだろうと思うくらい簡単でした。

是非、動画を見ていただきチャレンジしてみてください。

皆さんに、美味しさと簡単さを伝えられますように

こちらが出来上がりのシフォンケーキです

断面を見て頂いたらわかるのですが、あまり大きな気泡もなく、牛乳を入れたことで、しっとりとしています。

甘さは、お好みですがこれなら生クリームでお好みの甘さに調整できますね。

難点は、出来上がってもすぐに食べられないのが残念です。

おさらい

  • ポイントは、卵白の泡立て方
    しっかりとツノがたち、パールホワイトのような色つやまで泡立てる。
    安物の泡立て器でも可能です。
  • 油とか水などは、計りで測ることで、手間が省けます。
  • 卵白だけで泡立てて、卵黄の方に他の材料をいれホットケーキを作るようなイメージで。
  • 泡立てた卵白と、卵黄を最後に混ぜ合わせる際は、1/3は先に混ぜ合わせる。これで、残りの卵白の泡が壊れることを防ぎます。
  • 出来上がったシフォンケーキは、2時間以上しっかり冷ますので、直ぐに食べられないのが難点

本当に美味しいですから、是非チャレンジしてみてください!

あっ、、、
美味しすぎて砂糖を20%カットしても、3倍食べちゃうとダイエットにはなりません!!笑

この記事を書いた人

michann

michann

家族 主人、子供3人
仕事 農業 花と野菜

特異な事

ホトリーダ(本が早く読めます)
親指シフトユーザー(仮免 )
生花講師(ペーパードライバー)
英語(出来ないけど、会話を根性でできます)
株(億ション目指してがんばりま〜す!ヘックッション)

美を追求してすっかり迷宮入り、たまるものはレシートと脂肪。早く脂肪届け役場に渡さないと雪だるまになりそうです。

詳しいプロフィールはこちらから

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします