ブログを続けて4年前より明らかに進化したことを、振り返りってみると、5つのことが見えてきました。

その中でも、自分の気持ちや考えを、文字で積極的に表現できるようになってきて、公私共に成長したなぁと感じています。

  • 自分の気持ちや考えを、言葉で積極的に表現できるようになってきた
  • 言いたいことを絞れるようになってきた
  • 私に会いたいと言ってくださるお友達ができたこと
  • 書くことで思考が深まり、自分を内観することができるようになった
  • 内観することをきっかけに、コーチングを勉強し始め、さらに私の考えが立体的になってきた

もし、ブログを書くことって何かメリットあるの?と感じられたら、是非お読みください。

ブログを書くことのメリット

私は文章書くよりも、数名の人とおしゃべりすることが好きです。

その方が、思考が整理していなくても、時と場合、人の反応を見ながら話題を変えていくことができますし、私の強みであるコミニケーション能力なのだと思います。

しかし、ブログを書くようになってから、お話しするより、文章を書くメリットの方があるのではないかと思っています。

私の感じたブログを書く5つのメリットは

  • 伝えたいことを、さらに多くの人に伝えることができるツール
  • 相手の時間を拘束しない
  • 過去の記事も検索で読むことができる
  • 書くときは大変でも、その後はそのリンクを貼れば良い
  • 相手にとって、文章の方が簡単で明瞭

ただし、表現方法によってはうまく伝わらないことも多々あったように感じていますが、それもこの4年の間に多少は向上したかなと思うようになりました。

4年の時の流れの中で

始めた頃は、後100記事から人生が変わるんだろうか?とか、もっとたくさんの読者が増えるんだろうか?とか、そんな事ばかり考えていました。
まるで、お百度詣りのように、一つ一つの記事が大変だったのです

しかし、始めて3年ぐらい経つ頃にはそんな気持ちがふっと抜けており、まぁ、気楽に楽しもうという気持ちになってきたのです。

4年間の間に、ブログを書くことに憤りを感じたときもありました

しかし、人生がブログで劇的に変わったとは、とても感じなかったのですが、だからと言って、やめたいほど嫌なこともなかったので、ぼちぼち続けていたのです。

文字を書くという鍛錬は、仕事に反映されている

私は、十数名のスタッフと一緒に花つくりをしていますが、以前は、全体説明を、毎週火曜日のミーティングでお話ししていました。

しかし、それだとタイムラグが生じたり、休んでいる人に対しての伝達事項不足が生じるため、今では、スタッフメンバーだけのラインのなかで、気がついたことを文章や動画にし共有しています。

そして、その時に役に立つのが文章力です。

端的で、時間のある時に読めるようタイトルや、ポイントの工夫ができるようになってきました。

一旦、文章や動画にして全体にシェアし、そのあとの補足を個人的に行っています

結果、仕事がスムーズに運ぶようになり、全体の調和が生まれてきたように思います。

ブログを書き続けたことのメリット

このように、

文章を書くことを何度も繰り返していると、
どうやったら分かり易く、忙しい人にも、読んでもらえるか?また、心に残るか?
を意識している自分
がいます。

実は、昔の投稿を振り返り、あまりのポイントのない文章に苦笑しました。
いや〜〜〜、あの時は、これが精一杯の自分だったんだなぁと考え深いですが、それでも、こうやって年末に振り返ることは、とても良いことだと感じています。

来年は、もっと読んでもらえるような文章に、なっていけたらと思っています。

次回は、コーチングを学び始めたきっかけが、このブログであるというお話を書いてみたいと思います。

では、また!!

しかし、過去の記事って自分の成長がわかるから、本当に面白いなぁ〜。




この記事を書いた人

michann

michann

家族 主人、子供3人
仕事 農業 花と野菜

特異な事

ホトリーダ(本が早く読めます)
親指シフトユーザー(仮免 )
生花講師(ペーパードライバー)
英語(出来ないけど、会話を根性でできます)
株(億ション目指してがんばりま〜す!ヘックッション)

美を追求してすっかり迷宮入り、たまるものはレシートと脂肪。早く脂肪届け役場に渡さないと雪だるまになりそうです。

詳しいプロフィールはこちらから

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします