しあわせ満ちる ♪

幸せの青い鳥をあなたに

曽爾高原の魅力

FullSizeRender 9

到着時にキョロキョロ探していたガネちゃん。

「ガネちゃん〜、何、ソワソワしているん?」と聞くと、

「 いや〜、ここ青少年自然の家って書いてあったから、かわいいギャルいいひんかな〜って思って…探しているんや〜。
そやけど…どうみても、子供か保護者しかおらんな〜。
わし、せっかく頭まで洗ってセットしてきたのに…。」

と、言いながら産毛?のような髪がゆらゆらなびいている。
君、象でしょう〜と、ツッコミを入れたくなるが、薄毛の話はやめておこう…

そりゃ〜、そうでしょう〜。確かに、若いギャルも宿泊しているに違いないが、大半が子供会などの地域の子供たちが自然を学びに来ている。

今日は、あいにくの雨ですが、国立曽爾青少年自然の家は、国立曽爾高原の中に位置する宿泊所である。
38haの草原にススキ一帯が覆われ、春から夏にかけ緑一色、秋には銀色のベールをかぶったようになり壮観な姿をみせてくれる。
そのすすきに囲まれた散歩路から、本当にトトロが出てきてもおかしくないほど、幻想の世界である。

FullSizeRender 22

ゆったりと風を感じて歩いてみる。

サラサラ…まだ、青々しいすすきの葉が風と雨に打たれ、しっとりと揺れている。

散歩路は人と人がすれ違う事が出来るほどである。うねった小径が、人の姿をさえぎり、自分が大地と空を独り占めしたような感覚になる。

時折、風が運んできた濃霧に包まれ、雲の中にいるようだ。

FullSizeRender 21

こんな感覚は、宿泊してみないと体感できない。

そう、チャンスを見計らってる見学できるからだ。

ガネーシャもギャルの物色を忘れ、森林浴を楽しんでる。

ガネちゃんの横に行くと、素敵な空気まで、吸い取られていきそうなので、少し距離を置いて、散歩してしてみた。

この瞬間は、何もかも忘れ、癒される感じだ。

7月だというのにまだまだ今年は涼しい日が続いている。標高約1,000メートル、であればなおさら夜は冷える。
外気温は多分20度を下回っていたのではないだろうか?

雨が降り続き、残念ながら満天の星空ではなかったが、夜は素敵な友人達とガネーシャで談をとる。

ちょっとした、お酒、オードブル、地元のお饅頭、柿の葉寿司、ブルーベリー、そして、気のあった仲間との宴会はなによりもごちそうだ!

ガネーシャを酒のつまみに、今日はいじめてやるぞ〜!

と心に決めた夜でした。

FullSizeRender 20

みっちゃん紹介

michann
家族 主人、子供3人
仕事 農業 花と野菜

特異な事

ホトリーダ(本が早く読めます)
親指シフトユーザー(仮免 )
生花講師(ペーパードライバー)
英語(出来ないけど、会話を根性でできます)
株(億ション目指してがんばりま〜す!ヘックッション)

美を追求してすっかり迷宮入り、たまるものはレシートと脂肪。早く脂肪届け役場に渡さないと雪だるまになりそうです。

詳しいプロフィールはこちらから

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top