皆さんは神社によく行かれますか?

私は、農業という仕事柄、五穀豊穣をお祈りして、年に数回は神社に祈願をしに行き、氏神様にも度々お参りすることがあります。

先日、友人が教えてくれた神社参り、大体のことはあっていたのですが、お祈りに関して一つ大きな気づきがありました。
それは、お祈りは『お願い』ではなく感謝や決意を伝える機会だそうです

なので、健康になりたいとか、商売繁盛とか、成績が上がりますように、などの欲ではなく、あくまでも感謝と決意なのです。

では、こういったお願い事をお願いしてはいけないのでしょうか?

実は、このお願い事を叶えてくださったあかつきには、誰の役に立ちたいかを添えるといいようですね。

すると、ただの自己中心的な欲望から、決意に変わるのです。

例えば、健康になりたいと願うなら、
「〇〇をやめます、なので、健康にして下さい。
健康になったあかつきには、社会の為に一生懸命働きます」
とか、

商売繁盛を願うなら、
「今の仕事が世のためになるなら、どうぞ私を使って規模を拡大させて下さい。
そして、納めさせて頂いた税金で、より良い社会に貢献します。」

更に、お賽銭については、
「〇〇の為にこのお金を使って下さい。」
という風に、

自分の欲から言うのではなく、願いが叶う事で世の中に有益であれば叶う、と言う仕組みらしいです。

私は、この仕組みを知ってから、毎朝、何が社会に役に立つのか?

私ができることは何だろうか?と自問自答しています。

まだ、大きな事は、なにも見つかっていませんが、この問いを立てる事で、私の仕事に対する姿勢も変わったきたように思います。

もう少し、考えを重ねていきたいと思っています。

こちらが、参考本です。

この記事を書いた人

michann

michann

家族 主人、子供3人
仕事 農業 花と野菜

特異な事

ホトリーダ(本が早く読めます)
親指シフトユーザー(仮免 )
生花講師(ペーパードライバー)
英語(出来ないけど、会話を根性でできます)
株(億ション目指してがんばりま〜す!ヘックッション)

美を追求してすっかり迷宮入り、たまるものはレシートと脂肪。早く脂肪届け役場に渡さないと雪だるまになりそうです。

詳しいプロフィールはこちらから