春にブログの外観をWordPressの SnowMonkeyという外観に変更しました。

変更理由は、

  • 動画をブログに貼り付ける事が容易に出来る事
  • 3年も外観を変えていなかったので、少し変化を加えてみたかった
  • ブログのコーチであるものくろさんのオススメ

でした。

SnowMonkey開発者であるキタジマさんのイメージ

なので、このテーマに対して特に想いというのもなかったのでしたが、昨日、ものくろキャンプのブログ勉強会に参加すると、SnowMonkeyの開発者であるキタジマさんが勉強会に来られていました。

お会いする前の人物像は、40代位の「僕は開発をやっていますよ」と言うような鼻持ちならぬオタクっぽい人だと勝手に思っていました。

しかし実際にお会いしてみると、純粋で素朴で若い青年がテーブルの隅っこに座ってはるではないですか!。笑
この人があのの開発者と目を疑ってたのは事実です。

私からすれば、ITを操作できる人なんて、宇宙語をしゃべってるような感じなので、全く理解できない偉い人な訳ですよ。

SnowMonkey開発者の想い

せっかくの出会いです、開発にあたっての想いをお伺いしました。

「有料のWordPressの外観は、購入しない限り、誰にも精査されないため内容が良く無い商品があります。」

と言われた瞬間、えーーー!ってびっくりです。

私たちは、無料のソフトよりも有料の方がお金を払っているから安心だと思い、購入することが多々あります。
しかし、欠陥住宅かどうかと言うのを精査するには購入してみないとわからないと言う難点があったのです。

ワードプレスの外観を新築の家に例え、良くない商品を例えると、欠陥住宅のようなイメージで、実際、住んでみると、あちらこちら修正しないといけないところが見られるらしいです。

  • 基準値を精査する基準・人がいない事
  • 有料の場合、購入しないとわからないため問題が発見しにくい

と言うことです。

詳しい事は全くわかりませんが、自分のブログの外観を家と見立てた場合、購入して使い始めると柱が曲がっていたり、釘が出ている事に気が付かず、台風が来た途端、雨漏りをしたり、釘が出でいるのに気づかずケガをする感じです。

すぐに気がつけばまだ良いのですが、素人が購入してしまうと問題が起こるまで全く気が付きません。

私の場合は、モノクロさんのブログ勉強会で勧められて購入したので大きな問題にはなっていませんが、中途半端に自分でできる人は、これがいいんじゃないか?と思って有料のテーマを購入して住むや否や、何かトラブルがあったときにこの住宅が欠陥であると言うことに気がつくのです。

それって最悪じゃありませんか?

北島さんは開発者のプロとして、お金をいだだいて、きちんとしたものを提供できる事はできないだろうか?と疑問を持ち、このSnowMonkeyの開発に乗り出したのです。

こんな事象を、彼は許せなかったと語っています

30代そこそこの若い青年が、熱い思いを私たちに語っていただいて、

あー本当にSnowMonkeyを購入してよかった。今後も応援したい!

と言う気持ちでいっぱいです。

このような出会いを頂いたものくろさん、北島さん、ありがとうございました。

こちら、ものくろキャンプでのワンシーン
キタジマさんは、左奥の男性です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

この記事を書いた人

michann

michann

家族 主人、子供3人
仕事 農業 花と野菜

特異な事

ホトリーダ(本が早く読めます)
親指シフトユーザー(仮免 )
生花講師(ペーパードライバー)
英語(出来ないけど、会話を根性でできます)
株(億ション目指してがんばりま〜す!ヘックッション)

美を追求してすっかり迷宮入り、たまるものはレシートと脂肪。早く脂肪届け役場に渡さないと雪だるまになりそうです。

詳しいプロフィールはこちらから