実は、親指シフトをやっていたのですが、ついつい音声入力やアルファベット入力の方が心地よく、なかなか親指シフトでブログを打とうという気が起こりませんでした。
自分の思考をダイレクトにうちこみたい、表現したいという思いがあったのですが、指がスムーズに動かないので、大きなストレスだったのです。

そこで、思い切って打ち込みやすいキーボードを先行投資した方が、気持ちを切り替えるうえで、手取り早いのではないかと思い悩んでいました。

買うきっかけとなったのが、先日買ったブラーバです。
ブラーバは思いのほか綺麗にはなりませんが、自動でやってくれるので強制的に掃除をしようという気になります。

これは、私の綺麗にしたい感情を誘発してくれるのです。

これと同じように、打ち込みやすいキーボード買えば打つことも楽しいのではないか?と考えました。

案の定、今日から時間はかかりますが親指シフトで入力しています。

このように、どうもうまくはかどらないという時は、思いきって、違う方向からアプローチをしてみる、例えば、自分の能力を引き出すために、機械などに助けを借りるというのも1つの方法だと思います。

こちらが、親指シフトユーザのものくろさんオススメのキーボードです。

親指シフトは同時だけなので、ピアノの鍵盤のように軽くて指に負担無く打ち込みやすいようです。

Shiftキーは本来長めに作ってありますが,こちらのタイピングキーは、Shiftキーが少し短めになっています。
これが、親指シフトを始める際のオススメの理由です。

購入の際は、高いので、めっちゃ、勇気がいりましたが、パソコンが変わってもキーボードは長く使えるアイテムなので、長期的見れにみれば安い買い物かもしれません。

無駄にならないように,がんばってみます。

 

この記事を書いた人

michann

読書が好きで、本が速く読める(フォトリーダ)技術を持っていながらも、年齢と共に活字を読むことに煩わしさを感じ、現在は耳読に夢中です。



仕事は、花つくりを中心とした農業をしています。
お花に関する知識

・造園施工管理技士2級
・小原流 家元教授
・グリーンアドバイザー
・ハンキングバスケット・マスター

・食品衛生管理者

を持っています。



独身時代は、海外添乗の経験があり総合旅程管理主任者を取得し、今は趣味として旅を続けながら人生を謳歌中です。
また、

最近始めたゴルフは、100のスコアーを切るべく苦戦しながら楽しんでいます。



また、自分の強みであるコミュニケーション能力と社交性、個別化を生かし数年前より 社)コーチングプラットフォーム認定コーチとなり、コーチングで”自分らしくしなやかに生きる”を実践中です!



そんな私のブログですが、ちょっと覗いてみてくださいね。


みっチューブでは、赤飯動画がバズり7万再生回数を突破!

簡単に、炊飯器で炊けるできる赤飯動画も見てね!


詳しいプロフィールはこちらから