昨日は、休日でしたから壁に塗った残りの塗料を利用して、天井に挑戦しました。

買った塗料は、こちらで4liter缶を使用しましたが、まだ半分程残っていたのです。

壁紙の上に塗れるペンキイマジン ウォール ペイント”壁紙屋本舗”

昨日は、照明器具を変えたことを書きましたが、今日は30年間の歴史を塗り替えるべく作業に入りました。

こちらが、昨日の投稿です。

今回の塗装で一番心配していたのが、液だれでした。

天井なのでポタポタと液が下に付着しないかと心配していましたが、壁のようにほとんど枠がないので細かい部分が少なく、ローラーで塗ることが可能でした。よって、液だれや塗りムラのような心配がほとんどいりませんでした。

強いて言うなら、女性の方は身長が低い方が多いので、椅子の上から天井を塗る際に、顔を上むきであげて塗るのが疲れることぐらいでしょうか。

それも後から聞いた話ですが、天井塗るときは首が痛くなるので、全面すべて塗る場合は如意棒みたいなのにローラーつけるとラクらしいです。

12畳の天井も概ね3〜4時間で無事塗り終えました。

こちらが歴史を感じさせる壁の風合いです。

昔は、本当に白かったんですね。笑

そして、天井は真っ白な壁紙に早変わり、照明器具を新調したことで大変明るくなりました。

ここまでの作業でかかった費用は、概ね、塗料代金8,500円、フローリング代金10,000円、照明器具11,000円で、合計29,500円と労力でした。

しかし、これ以外にも数々の失敗が実はこの裏にあったのですよ。

人は成功だけをみて簡単にできると思いがちである

実は、ここにたどり着くまでに、何度かフローリングの塗料を塗り替えていました。

張り替えるまでに、塗料を塗るだけでうまくいくならそれに越したことはないと考えたんです。

そこで、最初に水性のウッドデッキ用塗料を塗ってみました。

しかし、乾いたのもつかの間、数日立って、床に水をこぼしたので拭き取ってみたら、雑巾に水性塗料がついているではありませんか!!!

今度は油性の塗料を塗ったのですが、これまた、頭が痛くなるくらいすごい匂い(シンナー塗料の匂い)で、夕食が作れず。

翌日、ようやく匂いも薄らいでキッチンで料理しようと思ったら、完全に乾いておらず。
スリッパでフローリングの上を歩くと、「ペチャ、ぺチャ、、、」と粘着テープの上を歩いているようで、、、
「ア〜〜〜ゴキブリホイホイの生活はいやだ!!」と思わず嘆いたこともありました。

結果的にそれが原動力となったわけですが、、、、・

思いと努力が合わさった時、大きな力を発揮する

このように、キッチンの改装を5月ごろから考えていたのですが、結局、ここまで行き着くのに概ね半年かかりました。

もちろん、これだけに毎日かかっているわけではないので当然のことですけどね。

これは、たわいもないキッチンの改装ですが、こんなことがいっぱい積み重なって、いろいろな成功があるんだと思います。

みなさんの夢はなんですか?

夢は一石二鳥ではなかなか叶いません。しかし、思いを持ってほんのすこしずつコマを進めていくことで、コロコロと落ちていく石ころでも、徐々に加速がつき、ゴーッと音を立ててきっと動くはずですよね。きっと!!

私の夢はこれからまだまだ続きます。

キッチンのリホームは、家を建て替えるまで続きますからね(笑)

この記事を書いた人

michann

読書が好きで、本が速く読める(フォトリーダ)技術を持っていながらも、年齢と共に活字を読むことに煩わしさを感じ、現在は耳読に夢中です。



仕事は、花つくりを中心とした農業をしています。
お花に関する知識

・造園施工管理技士2級
・小原流 家元教授
・グリーンアドバイザー
・ハンキングバスケット・マスター

・食品衛生管理者

を持っています。



独身時代は、海外添乗の経験があり総合旅程管理主任者を取得し、今は趣味として旅を続けながら人生を謳歌中です。
また、

最近始めたゴルフは、100のスコアーを切るべく苦戦しながら楽しんでいます。



また、自分の強みであるコミュニケーション能力と社交性、個別化を生かし数年前より 社)コーチングプラットフォーム認定コーチとなり、コーチングで”自分らしくしなやかに生きる”を実践中です!



そんな私のブログですが、ちょっと覗いてみてくださいね。


みっチューブでは、赤飯動画がバズり7万再生回数を突破!

簡単に、炊飯器で炊けるできる赤飯動画も見てね!


詳しいプロフィールはこちらから