bluebird

小さい頃のこと

私の名前は満と書いてみちると呼びます。

幼い頃はみっちゃんと呼ばれ、漢字を意識していなかったのですが、小学校の低学年の頃から、必ず男子と間違われるのです。

そう、容姿ではなく、この名前のせいでした。

みつる君と呼ばれて、「私です」と手を挙げると、思わず、名簿と顔を見合わせ、

「ほ〜、女の子ですね。み、ち、るさん。いい名前です。」

と、呼び間違えた申し訳なさに、よく言われた言葉でした。

「満子と書いて、みちこの方が良かったんちゃうか〜」と、当時は思ったものでした。

おまけに、書道になればこの漢字はめちゃくちゃ難しく、細筆で書くのにもバランス、文字の太さに注意を払わないといけないのです。

小学校の間は、いろいろ大変でしたが、中学校に入り国語の先生が私の名前を

「満と書いて、みちるって呼ぶんか〜。え〜名前や!『満ち溢れる』うん、いい!」

と褒めてくださいました。

よくよく考えてみると、この文字は私のお祖父ちゃんが、私が生まれたら、男でも女でもこの名前にしよう!と決めていたそうです。

この当時は◯◯子という名前が主流でしたから、今考えるとハイカラな名前だったと思います。

名前にはパワーがある

それから、何十年と月日が流れました。

2013年の秋、私は東京で神田昌典さんの講演会に行く機会に恵まれました。

その講演会で、

『名前には凄いパワーがあるのです。

生まれてから、今ここにいるまで、何千回も何万回も耳にしてきた言葉です。

生まれた時名ずけてくれた親の想いが入った言霊ですね。

そこには、なんらかの意味があるのです。』と。

それから3年、ことあるごとにこの字を大切にしてきました。

そして今、ふと気がついたのです。

これから10年のこと

これから10年先のことなんて全く想像がつかないのです。

では、10年前、私はどんなことを考え、何をしていたかを思い出そうとしました。

振り返ってみれば、10年前、どんな仕事をしていたんでしょうか。

時代の流れがどんどん加速する中、激流に飲み込まれないように必死で泳いでいたに違いありません。

そして、これから10年もっと加速していくに違いありません。

でも、ただ一つ変わらないものがあるとすれば、

しあわせは満ちていくもの

ということです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

この記事を書いた人

michann

michann

家族 主人、子供3人
仕事 農業 花と野菜

特異な事

ホトリーダ(本が早く読めます)
親指シフトユーザー(仮免 )
生花講師(ペーパードライバー)
英語(出来ないけど、会話を根性でできます)
株(億ション目指してがんばりま〜す!ヘックッション)

美を追求してすっかり迷宮入り、たまるものはレシートと脂肪。早く脂肪届け役場に渡さないと雪だるまになりそうです。

詳しいプロフィールはこちらから