しあわせ満ちる ♪

幸せの青い鳥をあなたに

湯けむり美人を夢見るガネーシャ

FullSizeRender 141

野沢温泉まっしぐら

さてさて、明日から野沢にスキー旅行です。

年末のバタバタで、どっちかというと掃除もしたい気分ですが(何分いい訳)、

明日から年末ギリギリまで旅行というと、もう諦め気分で清々しい。

これを、「キッパリ」というのでしょうか…

なにはさておき、今日は、掃除より年始の準備と旅行の準備に忙しい私です。

ガネーシャは横で、酒、アンミツ、ゲーム、ガイドブック、温泉グッツ、と準備に余念がない。

「あのね…、アンタ、神さんなんやから家で、ちゃーんと留守番しておいてよ〜。

そうそう、床の間に座布団積んで、「ガネーシャ様」って書いて、お供え物置いとくから…」

って、いう私の声も全く耳に入っていないようだ。

湯けむり美人に逢える

「湯けむり美人〜」

「湯けむり美人に逢える〜」って、ルンルンです。

私が、「それって、私のこと〜?!」って言ったら、そこだけ、何故か聞き取れたみたいで、真面目な顔で、アイツ何て言ったと思いますか?

「それって、湯けむり殺人事件やんか〜」だとさ…

やっぱ、口だけは減らんやつ。付け加えて、「明日からのお供え物は、温泉饅頭でええから…」と、そこまで指定してきよった。

は〜、って顔したら、

「おまはん、『バビロンの大富豪』って知っているか?」って聞いてきたので、

私が「知らんけど、何だか金持ちになれそうなタイトルやん」と、答えると、

「教えたってもええけど…その態度じゃ〜、教える気になれんわな〜。」

と、いやみな態度。

好奇心旺盛な私は、まんまとガネーシャの口車に乗ってしまいました。

「で、どうしたらいいの…」ふてくされた態度で、答えると、

「続きは明日や。温泉饅頭待ってまっせ〜」だとさ…

あ〜〜〜〜!やられてしもうた。

明日の出発が早いので寝るとするか…

横で、ガイドブック眺めながら、湯けむり美人を夢見るガネーシャがいた。

みっちゃん紹介

michann
家族 主人、子供3人
仕事 農業 花と野菜

特異な事

ホトリーダ(本が早く読めます)
親指シフトユーザー(仮免 )
生花講師(ペーパードライバー)
英語(出来ないけど、会話を根性でできます)
株(億ション目指してがんばりま〜す!ヘックッション)

美を追求してすっかり迷宮入り、たまるものはレシートと脂肪。早く脂肪届け役場に渡さないと雪だるまになりそうです。

詳しいプロフィールはこちらから

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top