• ブックマーク

昨年は、さっぱりだった栗が今年はわんさか。

うちの畑で採れた栗は、一つのイガに一つの実しか詰まっていないほどの大きさです。多分サイズで言うとLLサイズでしょうか?

鹿や猪が食べにやってくるので、朝夕栗拾いが日課となりました。

そして、もうすぐ今年の5月に植えたさつま芋が大きくなっているだろうから、芋掘りも楽しみだね。

栗赤飯とさつま芋を入れたけんちん汁、松茸がなくても秋の味覚が十分感じられる日常生活です。

そういえば、嫁いできた頃は、まだ松茸がこの地域でも結構とれていて、スーパーの前の出店で特売で売っていたなぁ。

実家は都会なので、松茸をお土産に持って行ったら、たいそう喜んでくれて母親が松茸ご飯を作ってくれた。

お土産であれだけ喜んでくれた母の顔は、今となっては懐かしい思い出になってしまいました。

そして、それ以降、お土産にするほどの松茸を買えた試しがない!(笑)

食は食べるだけではなくて、沢山の思い出が詰まっている。

子供たちにとって栗の赤飯は思い出になるだろうか…。さすがに、松茸を食卓に出したことは無い!!

そういえば、この栗の木はおじいちゃんがひ孫が生まれた際に、植えてくれたものだったなぁ。

おじいちゃんはいなくなったけど、この木は毎年私たちのために、実という生命を分け与えてくれている。

きっと、この栗も老木になった時、子供たちが思い出してくれるに違いない。

そんなことを思いながら、せっせと栗をムキムキ^ ^

今年は、栗むきバサミをかったから、かなりの栗を剥いています。

こちら、オススメです。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

michann

michann

家族 主人、子供3人
仕事 農業 花と野菜

特異な事

ホトリーダ(本が早く読めます)
親指シフトユーザー(仮免 )
生花講師(ペーパードライバー)
英語(出来ないけど、会話を根性でできます)
株(億ション目指してがんばりま〜す!ヘックッション)

美を追求してすっかり迷宮入り、たまるものはレシートと脂肪。早く脂肪届け役場に渡さないと雪だるまになりそうです。

詳しいプロフィールはこちらから