いや〜〜〜摂取証明書を紙で保管して持ち歩くのって面倒だし、携帯なら便利じゃありませんか?

でも、いろいろな情報を入力しないといけないので面倒?と思っている方も多いのではないかと思います。

今日ご紹介するアプリは、日本政府が公式に提供する、新型コロナワクチン接種証明書を取得できるアプリです。

コロナワクチン3回目の接種終わって家に帰るやいなや、接種証明書アプリをダウンロードしました。

旅行に行く際に、接種証明書の提示が必要な場合があるかもしれないと考えたのです。

実際に、今回の旅行でブロック割りGo toキャンペーンを使用する際に必要になってきます。

必要な書類は、国内用ならマイナンバーカード、海外用ならパスポートを準備するだけです。

色々と自分で情報を入力しないといけないと思っていたのですが、アプリをダウンロードして、携帯をマイナンバーにかざすだけで、すべての情報が読みとられ、勝手に入力をしてくれていました。

あら?それで終わり???

驚いたことに過去の摂取記録も、1時間前に摂取した3回目の接種記録も入力されていました。

多分、接種した時点で病院側で接種券の読み取り接種記録を入力していたのだと思います。

このように、マイナンバーと様々な記録が紐付けられようとしてきてます。

なんだか情報だけがどんどん吸い取られていくような気持ちになって複雑な気持ちですが、確かに、これがあるおかげで便利な世の中になってきていますね。

マイナンバーカードを作った時も、マイナポイント事業にのっかり、確かに5000円貰いました。
これの代償かと。笑笑

そして、2022年6月末から始まるマイナポータル制度は保険証と紐付けで7500円、更に、マイナポイントは公的給付を受け取る貯金口座を登録紐付けすると7500円貰えるという、ある意味エサがばらまかれようとしています。

お金の出入りや保険証の出入りが紐付けば、この人が何処にいてどんな行動を取っているか。万が一、納税を延滞していた場合でもすぐ差押え出来るのです。
ワオwwwwww!

しかし、ある意味真っ当な暮らしをしていたらいろいろな恩恵にも預かれる訳でして、人それぞれ考え方もあるでしょうが、私は、時代の流れに乗っかりこれを楽しみたいと思ってます。

では、また!

この記事を書いた人

michann

読書が好きで、本が速く読める(フォトリーダ)技術を持っていながらも、年齢と共に活字を読むことに煩わしさを感じ、現在は耳読に夢中です。



仕事は、花つくりを中心とした農業をしています。
お花に関する知識

・造園施工管理技士2級
・小原流 家元教授
・グリーンアドバイザー
・ハンキングバスケット・マスター

・食品衛生管理者

を持っています。



独身時代は、海外添乗の経験があり総合旅程管理主任者を取得し、今は趣味として旅を続けながら人生を謳歌中です。
また、

最近始めたゴルフは、100のスコアーを切るべく苦戦しながら楽しんでいます。



また、自分の強みであるコミュニケーション能力と社交性、個別化を生かし数年前より 社)コーチングプラットフォーム認定コーチとなり、コーチングで”自分らしくしなやかに生きる”を実践中です!



そんな私のブログですが、ちょっと覗いてみてくださいね。


みっチューブでは、赤飯動画がバズり7万再生回数を突破!

簡単に、炊飯器で炊けるできる赤飯動画も見てね!


詳しいプロフィールはこちらから